« *ん その2 | トップページ | JIN・仁 その7 »

テレビでやってた死語

フジテレビのめざにゅ~で死語を扱うコーナーがあった。2009年11月16日~20日まで5時20分辺りでやっていた。

「ニッポン人の忘れもの 忘れられた流行語」というタイトルが銘打っていた。死語を弄って遊んでる者としては反応しとくべきなんだろうなと思った次第。紹介されてたのは以下の通り。

*合点承知の助

 別記事で上げたのの元はこれ見てああそうだと思い出した次第。正直テレビの箱の中のコメディとかでの表現であって、これを普段の生活で使ってる人見たことない。

*おまっとさん

 これも愛川欽也さんの名セリフであって普段使いしてる人見たことない。

*~してみそ

 これは確かに使い手がいたなあ。でもこれ死語かという疑問が湧きあがるのは気のせいか地方のせいか。80年代の流行語と謳っていたけどもっと前からあった気がする。

*アベック

 これが死語かと驚愕。なんてな。

*めんごめんご

 使ってる人に出会ったことないので業界用語かなんかでしょう。意味は分かるけど素人には使いどころとかも含めてよく分かりませんでした。

*だいじょうブイ

 アリナミンAかなんかのCmでのセリフと謳っておられたけど私は何故か仮面の忍者赤影での青影を思い出すんですけど。まあ青影のセリフは「だいじょ~ぶ」で微妙に違いますからアリナミンが元祖で間違いではないんでしょうがね。90年代の言葉と紹介されていました。

*許してチョンマゲ

 これはガキの時分使ってたなあ確か。納得の死語ですな。

*困ったちゃん

 これも確かに言ってた奴いたなあガキの頃。70年代以降と紹介されていた。

*~ってか

 これが死語というのはきつい。しょっちゅう使う表現なので。ってゆうか方言として生き残ってるぞということにしておくんなまし。80年代と紹介されていたがもっと前からあった気がするのは気のせいか。

*お呼びでない

 植木等さんの名セリフを死語というのはなんだかなあでありますな。クレイジーキャッツは芸能史の遺産で他にも「あっと驚くタメゴロー」とか「なんであるアイである」とか「がちょ~ん」とか諸々殿堂入りすべきもので死語枠に入れるものじゃないだろうと思うのは気のせいか。

*うそピョ~ン

 80年代以降と紹介されてた。どうみても私より若い世代が使ってた言葉で使ったことないが確かによく耳にしたなあ。

*冗談はよしこちゃん

 これは納得。よしこちゃんといったら魔法使いサリーちゃんというイメージが強いなあ。おやつあげないわよってか。

*二度あることはサンダー杉山

 70年代に活躍されたプロレスラーさんのお名前らしいが、小さい頃からあまりプロレスに興味がないのでピンとこない。

*お口にチャック

 別に死語と思えないのは何故だろう。70年代以降と紹介されていた。

*よっこいしょういち

 これは納得。自分も死語として記事にした。でも最近なんかのドラマで誰かが連呼してたの観た記憶があるのは気のせいか。70年代と紹介されていた。

*私はコレで会社を辞めました

 80年代。納得です。でもこれCm史の残るべきでしょうね。

*当たり前田のクラッカー

 納得です。でもこれテレビバラエティ史に残るセリフでしょう。60年代かあ。

*ナウい・ヤング

 さすがに言うに気が引ける死語の代表みたいな言葉ですな。納得ですたい。70年代だそうな。団塊の世代の人達がそう呼ばれてたのかな。私はその時分ガキだったのでそう言われたことはついぞなかった。

*んちゃ

 漫画の世界ですからね。80年代。実際使ってる人子どもがアニメ声を真似してるとこしか見た事ないんですけど。

*げろげろ

 これはよく使ったし耳にしたなあ。90年代かあ。今でも使いそうで死語という気がしないんですけど。

*アイムソーリーひげソーリー

 ん~微妙。確かに耳にしたけど70年ごろに生まれたと紹介されていたが。誰かのギャグなんだろうか。

*テクシー

 確かに。これは得心はいく。60年代と紹介されてた。相当長く使われてたということになるか。いつのまにか使わなくなったまさしく王道の「死語」だなこれは。

*ばいなら

 これってテレビのバラエティで斉藤清六さんという方が発せられた言葉という記憶があるけど。

 と、まあ以上が紹介されていたけど、諸手を挙げてそうそうと納得できるものとジャンルが違うだろうと思えるのとがあってなんともいえない印象が湧きました。聞いた事もないという言葉がひとつもなかったというのはそういう歳になったのか。まあ昔の流行の言葉はそれなりに寿命が長かったから世代またぎでも通用したからなあ。

この企画面白かったのでまだ続けて欲しいなと想いました。

|
|

« *ん その2 | トップページ | JIN・仁 その7 »

4・死語の世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46825322

この記事へのトラックバック一覧です: テレビでやってた死語:

« *ん その2 | トップページ | JIN・仁 その7 »