« 初心忘るべからず | トップページ | 将を射んとすればまず馬を射よ »

あたら若い身空で

惜しいことに若い身の上で

「あたら」と「身空」がもう死語なんだろうなと。オヤジ世代の自分でさえこのフレーズでしか使いようがイメージ出来ないのだから死語というより古語の部類か。

「あたら」にはもったいない・せっかくのというニュアンスが含まれているそうで

「あたら命を無駄にするな」(せっかくの命を無駄にするな)

とかいう使い方をするのであろうか。

「身空」は境遇という意味らしい。

じゃあ「あたら金持ちの身空で貧乏くさいことするな」とか言う使い方はあるのだろうか。なんか変。

|
|

« 初心忘るべからず | トップページ | 将を射んとすればまず馬を射よ »

4・死語の世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46032992

この記事へのトラックバック一覧です: あたら若い身空で:

« 初心忘るべからず | トップページ | 将を射んとすればまず馬を射よ »