« *上手くない遠州弁の使い方 | トップページ | アンタッチャブル その7 »

*どうまいら

「凄く旨いでしょ」と言っている。「どうまいら?」と語尾が上がれば「「凄く旨いでしょ?」となる。「どうまいらあ」だとイントネーションの違いで「凄く旨いでしょうに」・「どうだ旨いだろ」という二通りの解釈ととれる。語尾が上がって「どうまいらあ?」となれば「そうだろ?凄くうまいでしょう?」とかになる。

「どうまいら」の使い場所としては例として

「ね、分かるらあ。どうまいら。」

訳すと「ねえ分かるでしょ凄く旨いでしょ。」といった感じで同意を強く求める勢いになる。

「どうまいだら」だと「凄く旨いんでしょ」つまりまだ食べてない状態での発言。

まだそれを食べていない人に自分が今食べていて旨い事を伝えたい場合で「これ食べてご覧よほんとこれは凄く美味しいよ」ということなら

「これ喰ってみいにホントこれどうまいにい」

同じように薦める状態で自分も今食べていない状態で「これ食べてご覧よほんとこれはすごく美味しいんだから。」ということなら

「これ喰ってみっせえホントこれどうまいでえ」。女性言葉なら「これ食べてみいにいほんとどうまいだにい」

食べる前から旨いだろうとは思っていたけれど「食べてみたら凄く旨かった」だと

「喰ったらばかうまかった」

食べる前は旨いとは思っていなかったけど食べたら「思ってた以上に旨かった」だと

「いやあがんこうまかった」

人に勧めたくて「本当に旨いよこれ」という場合には

「ホントうまいにいこれ」

人に理解して貰いたくて「本当に旨いんだよこれ」だと

「ホントうまいだにいこれえ」

人に納得して貰いたくて「本当に旨いんだから食べてごらんよ」だと

「ホントうまいだで食ってみいって」

とかになる。あくまで一例でありましてパターンはまだいくらでもありますが複雑にしても分かりにくいので。

ちなみに旨いの強調形のパターンを挙げると

「どうまい」・「ばかうまい」・「がんこうまい」・「うんまい」

とかがよく使われるのではないか。明快な使い分けは多分ないと思われる。

蛇足ではあるが女性の場合「にい」表現を多用すると可愛らしいと映ることがあるらしい。

蛇足の例文

「これあんたけえ。」

  (これやったのあなたなの?)

「違うにい、にいにだにい。」

  (違うよ兄ちゃんだよ。)

|
|

« *上手くない遠州弁の使い方 | トップページ | アンタッチャブル その7 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46876400

この記事へのトラックバック一覧です: *どうまいら:

« *上手くない遠州弁の使い方 | トップページ | アンタッチャブル その7 »