« ギネ・産婦人科のおんなたち その6 | トップページ | 不毛地帯 その6 »

*すみっちょ

「すみっこ」の訛った表現?これが方言で、ましてや遠州弁かどうかは非常に疑わしいところであるが

イントネーションは「す」に置く言い方と「み」に置く言い方の二種類を耳にする。遠州弁的には「す」に置く方がらしいのであろうか。

端(はじ)とか角(かど)とか言う意味では「くろ」(畔)を使うことが多くどう使い分けしてるのかという説明はしにくいのであるが、「豆腐の角に頭云々」を「豆腐の畔に頭云々」と言い換えは出来るが「豆腐のすみっちょに云々」という言い換えはない。

「引き出しのすみっこ」を「引き出しの畔」・「引き出しのすみっちょ」と言うことは出来る。

例文

「線引きかしょう。」

  (定規貸して。)

「そりゃいいだあ、どこいっただいやあ。」

  (貸すのはいいけどどこにいっちゃったのかなあ。)

「机の引き出しのすみっちょとかにしまい忘れちゃいんだ?」

  (机の引き出しのすみっことかにしまい忘れたんじゃないの?)

「と思って見てるだけどないだよを。」

  (そう思って探してるんだけど無いんだ。)

「あ、わしの引き出しにあった。だでいいやあ。」

  (あれ?自分の引き出しにあった。だから借りなくてもいいや。)

「ちょい待てやあ。それわしんだらあ。」

  (ちょっと待てよそれ俺んのだろ。)

|
|

« ギネ・産婦人科のおんなたち その6 | トップページ | 不毛地帯 その6 »

1-2・遠州弁す行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46762610

この記事へのトラックバック一覧です: *すみっちょ:

« ギネ・産婦人科のおんなたち その6 | トップページ | 不毛地帯 その6 »