« 遠州弁検定 思案中 | トップページ | *おえん »

2009年10月のコマーシャル

10月は録画した量が多かったですなあ。季節が変わると品変わるってか。

*BOSSの缶コーヒーの贅沢微糖の銭湯のコマーシャルが印象深いです。

本物の冨士のお山よ絶景なるかなから始まる本当の意味の贅沢満載で。金に飽かせてといったものではないことこそ本物の贅沢である訳で。地の利・極められたプロの技・雲上の人との袖すり合う距離。金で買えないものこそ本当の贅沢というか、金さえ積めば贅沢を極められる訳ではないというのが伝わってくるようでもあり。成り上がり感もないので好感度を持って心底本当に贅沢だなあと思えてくるコマーシャルでありました。

*ロッテのフィッツ

狼少年ケンのアレンジバージョンが目(耳)を惹いたこのコマーシャルが

今回のバージョンで地方のゆるキャラと呼ばれるマスコット着ぐるみとコラボして踊りもなんか印象に残ってとバージョンアップして現れた。

こいつぁ目を惹くコマーシャルだ。しかも全国巡れば47パターンが見られるということも考えられる訳で。つい全バージョン録画ゲットしてみたくなる衝動に駆られますなこりゃ。まあそういう予定があるかどうかは知りませんが。

なんでしょう健康的というか爽やかというか。手足の長い人が上手く丸めて絡まないように踊る姿が印象的でもあります。

*日本薬師堂のグルコンEX錠

ガイコツが肩いてえ腰いてえ膝いてえと嘆いてるだけの画づらだけなのに何故か記憶に残り耳に残る。この音楽は昭和の香りが漂うのだけれどじゃあどういう用途で使われた音楽っぽいのかとなると思い浮かばない。

画も音楽も決して斬新な要素は無いのに頭に残ります。刺激がないのに一度観たら忘れない。

なんとも不可思議ながらもインパクトのあるコマーシャルです。

*「香椎由宇」

ビールのコマーシャルとアジエンスとでのキャラの雰囲気の隔たりが愉快というか。固有のイメージに縛られない奔放さが面白いかなと。画的にも10月に観たCmの中で一番お奇麗だなとアジエンスでヨガしてるCm観て思えました。輝いてるという表現が適切なんかな。

*KDDI ECO就任

今やってるドラマアンタッチャブルの役とのギャップが凄いなあと。ドラマのほうではこいつを好きになる男がいたら見てみたいって感じのキャラ演じてられてるのでそれ観た後にこのコマーシャル見るとなんだかなあという役者さんの恐ろしさを感じます。当然ながらどちらが素に近いかなんて詮索は致しませんがそれにしても見た目と違って思ってた以上に幅の広い役者さんなんだと改めて思ったというか。これだけリラックス(普段っぽい)とお奇麗と思えるのにドラマや映画だとなんであんな気負われて奇麗さを相殺なさるんだろうと不思議ではありますな。

*NEXCO 東名集中工事のお知らせ

上戸彩さんが出演されてるコマーシャル。不思議なのは二種類存在してること。

二つの違いは背景が灰色と白のものと黄色と灰色。それと唄がつくつかないか。伝えるメッセージに違いはないのになんで二種類用意したのか。

謎であるということで印象に残りました。

|
|

« 遠州弁検定 思案中 | トップページ | *おえん »

2・コマーシャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46578295

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年10月のコマーシャル:

« 遠州弁検定 思案中 | トップページ | *おえん »