« とりとめもない話し 部落 | トップページ | JIN・仁 その4 »

*にい

「そんな温めなくてもいいよ」を遠州弁に直すと

「あんたさあそんなぬくとめんでいいにい」(注、にい にアクセント)

この場合の「にい」の言い方でニュアンスが微妙に異なる。「いいにい」を例にすると

1・「いい」よりも「に」と「い」を両方強く言う場合は強制力が強くなる。つまり断定か命令形に近くなる。

2・「いい」を強く言って「にい」を尻すぼみ的に言う場合は助言した感が増す。こうした方がいいよという感じ。

これに「だ」を足して「だにい」にした方が判り易いか。

1の場合「いいだにい」は「いいんだから」と置き換え

2の「いいだにい」は「いいのに」と置き換えられる

このように書き文字だけだとどちらか判断がつかないことが多い。

いつか音声付で説明するよう進化したいものだ。

判り易いかどうかはあれだが、沖縄かどこかの言い方でお兄ちゃんの事を「にいにい」というそうな。正しいイントネーションは知らないので映画「涙そうそう」で発せられていた言い回しで話しを進めると、始めの「にい」をAとして次に続く「にい」をBとすると、先に説明した「1のにい」はA、「2のにい」はBのイントネーションとほぼ同じである。

例文

「夫婦喧嘩はガチンコでやった方がいいだにい。

  (夫婦喧嘩はガチンコでやった方がいいんだよ。){1のにい}

  (夫婦喧嘩はガチンコでやった方がいいのに。){2のにい}

「他人事だと思ってえ。ぼこぼこにされたらどうしてくれるよを。」

  (他人事だと思って随分な。徹底的に打ちのめされたらどうしてくれるんだ?)

「ぼんろぼろんなったら うち きない。ほとぼり醒めるまで泊めたるにい。」

  (ぼろぼろになったら家に来な。落ち着くまで泊めてやるよ。){1のにい}

  (ぼろぼろになったら家に来なよ。落ち着くまで泊めてあげてもいいんだから。){2のにい}

|
|

« とりとめもない話し 部落 | トップページ | JIN・仁 その4 »

1-2・遠州弁な行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46411962

この記事へのトラックバック一覧です: *にい:

« とりとめもない話し 部落 | トップページ | JIN・仁 その4 »