« *にい | トップページ | *とこでなんか »

JIN・仁 その4

 そう言えば、前回ころり発生となるや江戸の町は閑古鳥が啼くどころか人っ子一人歩くっていない光景状態になってたけど、実際なんかあったりするとああいう状況になったのだろうか。

今なんか電車が停まろうが台風が直撃しようがインフルエンザが蔓延しようが学校や会社に行こうとかする人が必ずいるけれど。これって不可抗力でやろうとしてることが妨害されると、物事がうまくいかずに破綻してしまうのではという恐怖感脅迫感を抱いて生きてるのが現代人の性ということなのかな。もちろんそれ(不可抗力)を理由としては許さない社会になってるてことが理由だろうけど。「しょうがない」の範囲がおそろしく狭まっているんだろうな今は。

ところで前回まで消毒に度の強い焼酎を所望してたけど、最近お酢に殺菌作用があって台所周りや手洗いにも有用だという話しをテレビで謳ってた。消毒液はお酢じゃあ駄目なんですかねえ仁先生。

でもなんか今回「ええてる」なるものをば使用致したところを推察するにこの時代にても製造なったという事にてそういうことを最早心配せずもよくなったんでしょうか。それともまだ未来から持ってきた貴重な残りだったんでしょうか。まあよく分かりません。

この回の落ち着きたる日常風景にて、当代の医者に講義したる様描かれしを観て。その際「脚気」(かっけ)の根源とその対処を伝授されておられましたが。

脚気がこの時代に解明されていたならば、日露戦争において陸軍が「脚気」に大いに悩まされて相当往生こいたというのを「坂の上の雲」で読んだ様な記憶がありまして。些細なことではなくその後の歴史に大きな変化をもたらしたんじゃなかろうかとふと思ってしまいました。写真という歴史変化のバロメーターに変化はありませんでしたからドラマ上では些細な事として扱われていたようでした。

で、本編の方に話し戻しますが、印象としてはどちらかというと花魁・野風(中谷さん)が主に描かれていた風に感じました。というのもようやっと野風って何者ってのが語られたんで。前回までちろちろ出てくる割には何をするでもなく存在だけが提示されていたんで謎だらけという期待持たせの部分が強かっただけに誰なんだという興味がようやく満たされたという勢いでありんした。その過去は案の定平坦なものではなく辛い過去の礎の下によって今があるというものでその意気を支えてくれた店の主人を父と慕うかのような想いというのもよく伝わってきました。陰と栄光が紙一重で共存する精進一筋の世界においての心の支えは何物にも変えがたいものなんでしょうね。

もちろん南方先生(大沢さん)の「しゅずつ」のシーンもハラハラしましたですよ。一発目の南無三の時にはどうすんだ?とホント一緒になってがっくりしてしまいましたもの。二発目で無事患部に到達した時は共にほっと胸をなでおろしましたですわ。なにしろ龍馬(内野さん)は安心しきってるし野風は自分の将来を賭しての約定が南方先生の肩にずしりと覆いかぶさっていましたからその重圧感がひしひしと伝わってきてドキドキして観てましたです。

それにしても花魁に声掛けられるなんて相当なもんですよねえ。ホント多少聞きかじった程度ですけど花魁といったら当時における最高の文化的教養を持つ女性という位置づけされてて金さえ出せば済むようなものじゃなかったと記憶してるだけにハンパないことっすよマジで。較べる例えが変だけど今で言えば超有名な女性芸能人とタメで話せるようなもんでしょうに。羨ましい限りですな。

主人の「しゅずつ」は無事成功し花魁・野風の信頼も得、咲(綾瀬さん)の焼き餅の誤解も解けてまずは晴れやかという気分で尚且つ未来変化のバロメーターにも良い方に変化があったみたいでありましたがそうは問屋が卸さず最後なんかが起こるような

「これは!」の驚愕でで次回に続く。なんだろと思ったら予告編で梅の花とかぺにしりんとかいう声が聞こえてきて「なんだ?」の謎が消えたような気が。思った通りならもしかして自作自演のぶちこわし?

でも、吉原の通りにさも怪しげに出現してた(あっという間に消えたけど)男が気になるし、恭太郎(小出さん)の目にとまった遊女可愛かったなあ。後々なんかあるのかな。野風と関わると仁にとって良い方向に向かうのかなとか色々興味が残ってますんでこういう方が素広平太より重要なイベントということなんでしょうね。

 それにしても龍馬は面白いですねえ。「浅葱裏に失礼じゃ」という発想の転換な会話はまさに粋で確かにこりゃ笑うしかない人心掌握の術でしたなあ。こういう乙な表現ホント愉しみです。怒りを笑いに変えるのはホント神業ですわ。龍馬というキャラクターなら本当にそう言いそうな感じがするのと内野さんの人を喰ったようなそれでいて情に厚いという雰囲気のお芝居がマッチしていてこういうの沢山観たいですね。

 可愛いなと思えた遊女は初音という名で水沢エレナさんが演じてられるそうな。TBSドラマの恋空に出演されたそうだけど私見てないので初めて観た役者さんですわ。ああいった独特な化粧(けわい)のお顔でも目立つんですから目を惹きますです。

|
|

« *にい | トップページ | *とこでなんか »

2・2009年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46605913

この記事へのトラックバック一覧です: JIN・仁 その4:

« *にい | トップページ | *とこでなんか »