« 2009笑っていいとも!秋の祭典スペシャル | トップページ | オトメン・秋 その1 »

*飲むで色々な言い方

「遠州弁」→「共通語」(例文)補足説明という表記順で。

「のままい」→「飲もうよ」(たまにゃ一緒にのままい) この場合「のもまい」という言い方もあるが若干違和感を感じる。「のまざあ」という言い方も意味はほぼ同じ。

「のますか」→「飲もうじゃないか」(徹夜でのますか)

「のますか」→「(誰が)飲むか」(誰がてめえとのますか) と二通り存在して、非常にどっちか分かりにくい。イントネーションが違うので遠州人にとっては区別はつくのだが。

「のみえん」→「飲めない」(ど熱くてのみえん)

「のみいん」→「飲めない」(炭酸わし嫌いだでのみいん) 今度は訳が一緒になるややこしさ。実際はどちらも違いはないのだが無理矢理使い分けをこじつければ、下戸で飲めない場合とかは飲めないから「のみいん」で運転しなくちゃいけないのでという場合とかは飲みたいけど「のみえん」。

「のんだらか」→「飲んであげようか」(のまんならわしのんだらか)

「のんだら」→「飲んだろ」(わしののんだら)

「のんだだ」→「飲んだのだ」・「飲んじゃったの?」(不味いけど無理してのんだだ)・(え~!これのんだだ?)

「のんだにい」→「飲んだよ」(それはわしがのんだにい)

「のんだでね」→「飲んだからね」(悪いがそこにあったののんだでね)

「のむだか」→「飲むのかよ」(これをのむだか)

「のむだら」→「飲むでしょ?」・「飲むでしょう」(あんたものむだら)・(多分のむだら)

「のむだらあ」→「飲むんでしょ?」・「飲むと思うけどな」

「のむだらか」→「飲むだろか」(果たしてじいちゃんのむだらか) とまあ、「む」と「ん」では意味合いが変わってくることが多い。

「のまっか」→「飲もうか」(のまんならわしのまっか)

「のまさすか」→「飲ませようか」・「飲ませるか」(たまにゃあいつにものまさすか)・(絶対あいつにはのまさすか)

「のまさすかあ」→「飲ませようかな」・「飲ませる訳ないだろ」

「のませすか」→「飲まそうか」(どうしっかのませすかなあ)

「のましっか」→「飲まそうか」(どうしっかのましっか) ほぼ「のませすか」と同じ。

「のまさせすか」→「飲まさせない」(今日は大事な日だで絶対のまさせすか) 「のまさせすかや」と「や」が入るとより強力な意思が感じられる。

「のませすかあ」→「飲まそうかな」・「飲ませないよ」 「のまさすか」と「のませすか」の違いについては微妙で尚且つ同じ言葉でも意味が逆転するのでややこしい。ただ「さ」より「せ」を使ったほうが上から目線っぽいのでえらそうな物言いにしたいような場合には「さ」を使うほうが効果的かと。

「のましい」→「飲ませなよ」(欲しそうにしてるでのましい)

「のましたりい」→「飲ませてあげなよ」

「のましいん」→「飲ませられない」(まだこの時間じゃのましいん)

「のましょ」→「飲ませろ」(やあ、のましょうやあ)

「のみくさる」→「飲みやがる」(こんな時間にのみくさる)

「のんでけつかる」→「飲んでいやがる」(仕事さぼってのんでけつかる)

「のむにい」→「飲むよー。」(悪いが先にのむにい)

「のむらあ」→「飲むでしょ」・「飲むだろう」(あんたものむらあ)・(あいつもきっとのむらあ)

「のますけえ」→「飲まないよ」(のまんと決めただでのますけえ)

「のまんとを」→「飲まないと」(苦くても効くだでのまんとを)

「のむだに」→「飲むのに」(まだのむだに片さんでもいいじゃん)

「のむにい」→「飲むよ」(まだのむにい)

「のみない」→「飲みなよ」(ちゃっとのみない)

「のみすけ」→「飲兵衛」(こののみすけ)

「のんだらかんだか」→「飲んじゃいけないのか」(ここじゃのんだらかんだか)

まだまだあろうが、きりがないのでこの辺で。

例文

A「やあ今日帰りのんでかまい。」

  (お~い今日は帰りに飲もうぜ。)

B「おおいいぜ。おんしのおごりでのますか。」

  (おおいいよ。お前のおごりで飲もうじゃないか。)

A「馬鹿こいちゃかん。ワリカンに決まってるじゃん。で、Cわあ。」

  (冗談いうなよ。ワリカンに決まってるだろ。ところでCは?)

C「わし車だで のみえんで帰るわ。」

  (俺は車だから。飲めないから帰るわ。)

A「Fはのみいんかったけか。」

  (Fは下戸だったっけ。)

B「Dわぁ。あいつぁは誘わんだ?」

  (Dはどうよ。あいつは誘わないのかい。)

A「あんな奴となんか誰がのますか。はあ勘弁でえ。」

  (誰があいつとなんか飲むか。もうこりごりだよ。)

C「なんでえどうしたでえ。」

  (なんかあったのか?)

B「まああいつぁがんこ飲むでの。」

  (まあ量飲むからなあいつは。)

A「ふんでいっつも酒癖悪くて始末に負えんくてやあ。」

  (しかもいつも酒癖悪くて始末に負えないしね。)

C「酒さえ入らにゃ普段大人しいだんな。」

  (酒さえ飲まなきゃ普段は大人しいんだけどな。)

B「自分に素直でいいことじゃん。」

  (まあとことん自分に正直なんだろうな。)

A「ついてけんわあ。馬鹿ひょんきんだらあ。」

  (普通じゃないだろ。あの変わり様にはついていけないよ。)

|
|

« 2009笑っていいとも!秋の祭典スペシャル | トップページ | オトメン・秋 その1 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46296015

この記事へのトラックバック一覧です: *飲むで色々な言い方:

« 2009笑っていいとも!秋の祭典スペシャル | トップページ | オトメン・秋 その1 »