« チーム・バチスタ第2弾 ナイチンゲールの沈黙 | トップページ | JIN・仁 その1 »

*ら抜き 上等

あくまで個人的意見です。

日本語の乱れのひとつと言われている「ら」抜き言葉。最近のニュースでも伝えられていた。

しかしながら遠州弁は「ら」抜き上等どころか「てにをは」すら省くことが可能なものは省く方言なのである。そういう意味では時代は遠州弁に近づいたということにもなる訳であるが。憂いてる人達から見れば遠州弁は悪の根源ということになるのだろうか。

例えば

「昨日はとても楽しかったです。お父さんとお母さんと妹とぼくの家族4人皆で動物園に行ってきました。妹は虎やライオンを怖がってたけどぼくは色んな動物が見られて本当に楽しい一日でした。」

これを遠州弁に近づける第一歩として先ず抜けるものを抜く。

「昨日とても楽しかったです。お父さんお母さん妹ボク4人家族皆で動物園行ってきました。妹は虎やライオン怖がったけどボクは色んな動物見れて本当楽しい一日でした。」

次に言葉を変える

「きんのうがんこ楽しかったやあ。おっとさおっかさ妹わし4人うちん衆みなして動物園行っただよを。妹虎ぁライオンときゃひゃあひゃあゆっとたけがわし色んなのたんと見れてがんこ楽しかっただにい。」

そして順序を入れ替えしさらに言葉を変えて全体を整える

「がんこきんのう楽しかったやあ。うちん衆らと動物園行ってさあ おっとさおっかさ妹らとみなしてえ。妹虎ぁライオンだかにゃあひゃあひゃあこうるさかったけが、なんしょこらしょと色んなの見たもんでホントがんこ楽しかっただにい。」

最後に自分が話すとしたらという形に変えてみる

「や、きんのうがんこ楽しかったやあ。動物園うちん衆らと行ってさあ。いもうたぁ虎とかライオンでひゃあひゃあこいとっただん、わしい馬鹿一杯色んなの見れたもんでホント楽しかっただよを。」

(あくまで作為的な一例であり使い手によって形態は異なるのであるが)

というようにまるさら失くすというのは無理にしてもかなり省くと共に入れ替えもかなりする。こうなるから日本語ぶち壊しといわれるのかな。でも

「昨日真にもって快なる日たり。父母妹自分4人家族うち揃いて動物園観覧す。妹虎及び獅子に驚愕するも我れ多種の動物見物致し至極満喫したり。」

とかの言葉堅くしたもの(知識がないので滅茶苦茶だけど)には近いんだから別にいいじゃんという気になるのは言い訳か?

 話しは変わるが、文法やらなんやらの小難しい事は知らんし書き言葉を話し言葉に変える事自体ふざけた事だが、なんしょ違うだよ。だもんでいっちゃあなんだが方言だっつってそういう単語ばっか羅列して説明したってしゃべれやせんだいねホントは。

まあとにかく、根っ子の部分からして共通語の言い回しと遠州弁の言い回しは違うということですわ。それにイントネーションも当然違ってこれは聞かないと分からないから、いつか音声つけて説明するブログにしてみたいところでありますがなにせ知識がないんで夢のまた夢でありますが。

|
|

« チーム・バチスタ第2弾 ナイチンゲールの沈黙 | トップページ | JIN・仁 その1 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46419912

この記事へのトラックバック一覧です: *ら抜き 上等:

« チーム・バチスタ第2弾 ナイチンゲールの沈黙 | トップページ | JIN・仁 その1 »