« *ねれんとねえれんの違い | トップページ | なにしたいんだ?このブログは »

2009年9月のコマーシャル

 先月に引き続いてコンケルドのサンバーンを記事にしたところのアクセスがダントツに多い。だるそうな暑い~というセリフと背後に流れる聞きなれない類の音楽が印象的なんだけど、個人的にはなんかよく分からんコマーシャルで「へんちくりん」という感じなんだけど、えらくウケがいいみたいだ。世の中何が受け入れられるのか分からんものだと。

 この月で結構印象に残ったのは缶コーヒージョージアのコマーシャルかな。

「プールサイド編」と銘打たれているバージョンでありますが。世間一般では片瀬さんのインパクトがということみたいですけど、私は小出恵介さんの作業着姿がインパクト強しでありました。似合ってると言うかなんというか叩き上げの現場一途というよりも大学とか出てから現場勤めしてるみたいな背景が浮かび上がってくる感じがなんかいいんですわ。しかも着こなしてるというか空気が馴染んでるというか。とにかくその自然でリアル(実際居そう)な感じながら画になる姿に見入ってしまいました。

小奇麗なお顔でおられるよりも顔に泥がついてるくらいなのが映えるってことなんでしょうかねえ。そういう意味では古風な日本人らしい(汗水たらして働くことが絵になる)という顔立ちのお方なんでしょうか。

 パルコのコマーシャルは摩訶不思議でした。

髪の揺らぎが仮想的な動きでしかもつくりものっぽいあざとさがなく。つい見入ってしまいます。久し振りにどうやって撮ったんだろうと気になりました。

 P&Gの「さらさ」

お人形さんのキャラが印象に残るコマーシャルであります。こういう人いるよねえという感じですが、じゃあいざ役者さんがこの役を演じたらこういったパッと見穏やかそうで茫洋としてるけど発する言葉はチクリとこまっしゃくれて厳しいんだけど可愛らしく映る賢い消費者きどりのキャラ厭味なく演じられる人いるのかなと思ったりなんかして。

|
|

« *ねれんとねえれんの違い | トップページ | なにしたいんだ?このブログは »

2・コマーシャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46271903

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年9月のコマーシャル:

« *ねれんとねえれんの違い | トップページ | なにしたいんだ?このブログは »