« *やい | トップページ | ギネ・産婦人科のおんなたち その2 »

*しゃてえ・しゃってえ

弟の事。「舎弟」と書くが「しゃてい」とは言わず「しゃてえ」と発音するのが遠州弁。基本は男言葉。

「しゃってえ」(舎っ弟)という言い方もあるが、その違いは殆どないと思われるが多少「うちの愚弟が」といった謙遜というニュアンスになる場合がある。

共通語的にはその筋の世界の業界用語という扱いであるらしいが遠州ではごくごく普通に血縁関係にある「弟」のことを指す。「義理の弟な」ら「義理のしゃてえ」。

例文

「いやあ がんこおみやげくれてありがとね。持ちきれんやあ。」

  (いやあこんなに一杯おみやげ頂いちゃって、ありがとう。)

「みなきし持ってけるけ?なんなら送ってっか。」

  (全部持って帰れるかい?なんなら送っていこうか。)

「ああ大丈夫。しゃってえんとこ電話したではあじき車来ると思うで。」

  (それは大丈夫。弟に電話したんでもうじき車で来ると思うから。)

「そうけえ、んじゃ気いつけて。おやすみね」

  (そう、それじゃあお気をつけて、おやすみなさい。)

「うんありがとね。おやすみね。」

  (本当に有り難うございました。おやすみなさい。)

|
|

« *やい | トップページ | ギネ・産婦人科のおんなたち その2 »

1-2・遠州弁し行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46518552

この記事へのトラックバック一覧です: *しゃてえ・しゃってえ:

« *やい | トップページ | ギネ・産婦人科のおんなたち その2 »