« *まやす | トップページ | 鹿男あをによし 観直して »

*よう

「やりよう」(やり方)・「いいよう」(言い方)・「買いよう」(買い方)・「しよう」(仕方)・「かたしよう」(片付け方)などなど「~の仕方」・「様」といった使い方の「~よう」。別に方言でもなんでもないのだが

共通語ではやり方・言い方・買い方・仕方とかいう方を使う方が一般的であるところを「よう」を使うというのが遠州弁的表現ではと思い記載。

例文

「まだ終わっちゃいんだ?まあちっとやりようあるらあ。なんでこうなるよを。」

  (まだ終わってないのか。もう少しましなやり方あるんじゃないの?どうしてこうなるのかなあ。)

「なんちゅういいようよ。そんな言い方しんくたっていいじゃん。」

  (ひどい言い方だなあ。そんな事言わなくてもいいじゃないか。)

「こっちだっていいたくなるわあ。こんなじゃあいつまで経ってもおわりゃせんじゃん。やりようによっちゃやりよくもなるだし早くにも終われるだで。」

  (こっちだって言いたくもなるよ。こんなんじゃいつまで経っても終わりゃしない。やり方によってはやり易くなるし早く終われもするんだから。)

「んじゃあどうすりゃいいだかおせえてやあ。」

  (それならどうすればいいのか教えてよ。)

「知らんよを。こんなじゃ替えようありもしん。なんしょ帰るまでにやりきってよ。」

  (あんたの仕事でしょうに。それにこんな状態じゃ今更どうにもならないだろ。とにかく今日中には仕上げてってよ。)

|
|

« *まやす | トップページ | 鹿男あをによし 観直して »

1-2・遠州弁や行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46171956

この記事へのトラックバック一覧です: *よう:

« *まやす | トップページ | 鹿男あをによし 観直して »