« アンタッチャブル その3 | トップページ | *なぜる »

記事の整理

 季候の変わり目に体が対応できないのか、頭がクラックラして眩暈がしたんで。すわ風邪かと市販の薬を服用し早くに就寝したところ。何とか次の日持ち直し、やあ治ったかと思ったのは勘違いで。

2日後に再びよからぬ状態に陥り土日は養生に徹することとする。

つまり火曜にやばいかもで木曜にへいちゃらかになって。で、金曜やっぱ駄目じゃんで今日は家で死んでることにした。ということですわ。市販の風邪薬で好転するんだから流行のなんとやらではなさそうだ。

 まあいつにもまして家に居るということだが、はてさてさしてすることが見当たらない。掃除を含む部屋の片付けとか無理に探さなくてもすることは本当はいくらでもあるのだが「面倒くさい」ものは無理したら風邪がこじれるという言い訳を念じて目をつぶる。

動き回らなくともいいことといったらテレビ観てるかパソコン弄ってるかだけど、今日はものの見事に見たい番組がない。録画したのを見直すにも気力が足りない。

したがって残されたことは「寝る」か「パソコン」。まず「寝る」方を選択したのだが寝てたら今年に入って家に居つくようになった猫が添い寝しに来て重いし熱いしで寝てられない。猫って本気で寝ると「暑い」というより「熱い」という勢いを感じる。こりゃ今年の冬はいつもより暖房費節約できるかしらん。

で、残された手段「パソコン」を今弄っている状態。新しい記事のアイデアも無いのでブログをちいと整理しようかと。そしたら下書きが450件以上溜まってた。こりゃいかんと削除を主にした整理をすることにした。なんだよを、結局つまるところ目をそむけた掃除をしなくちゃいけないんだ。まあ身から出た錆びだから仕方ないけど。

全くもって今となっては何を書きたかったんだか自分でも分からない記事5件削除。

完全に時を失した内容の記事3件削除。

最早メモでしかない未完の記事を「めも」に集約が12件。

どうしようか扱いに迷う記事が3件。

そうすると残りは、え~と430件辺りか。え~い面倒だ全部一気に公開しちまえ~ってな風にはこれがならない。

メモのレベルではないが未完のものが殆どなのだ。つまりなんだろう起承転結でいうと起承くらいは書いてあるんだけれど転結が思い浮かばないもの。

書いたけどこれでいいのか?という自問自答に答えが出せていないもの。

そんなのばっか。

遠州弁ネタに関しては出しても問題ない完成したものが多いけれど、一日一投稿という掟を自分に課しているんでなにも思い浮かばないことがあってもストックとして数があるのは心に余裕が出るからという出し惜しみなんでこれはしょうがない。

つまりああだこうだ理屈をつけて、削除するにはもったいない、かといって完成できない、だから公開できないってものばかりだあな。やらんよりやった方がましとはいえ実りの秋にしては成果の無い整理作業だぞこれは。理想は100以下少なくとも200までに留めておきたいが後200削るのは骨が折れるぞ。こりゃ無理したら医者行くのに風邪で行くより骨折治療で行きかねない。どこがって?そりゃもちろん倦んでる頭蓋骨ってか。

でもこれで私という人間がよく分かった。私は「散らかし屋」だということが。食事は少しづつ食べて残すという「喰い散らかし」。本やDVDとかは法則も信念も方向性もなく「買い散らかし」で「読み散らかし」。服は「脱ぎ散らかし」、雑誌は「置き散らかし」。会社でもあんたの机は「散らかしっぱなし」とよく言われたっけ。

今、なんかのCmで「ぱなしはなしというはなし」とかいうCmが流れてるけど言い様を替えればそれはモロ私に対するあてつけか?

まあこんなとりとめのないことだらだらと書いてるのは頭が風邪に冒されてるせいかもしれないと言い訳しとこう。でもホントちびちびでもいいからなんとかしないとこのペースで量産してくと整理しようという気力が完全に失せかねないな。記事の総数約2.700の内下書きが400を越えるってのは普通なのか?違うだろうな多分。

まあとりあえず過激な量(内容はスカスカですが)の記事をいちどきに公開する時があるやもしれませんがそれはこういう理由だということで。決して閉店セール一挙在庫放出とかいう理由ではありません。

|
|

« アンタッチャブル その3 | トップページ | *なぜる »

4・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46633773

この記事へのトラックバック一覧です: 記事の整理:

« アンタッチャブル その3 | トップページ | *なぜる »