« ブザー・ビート その11 | トップページ | 救命病棟24時 その7 »

*ばかがんこうはうはだら

「ばかがんこうはうはでえ」

遠州弁における最上級の濡れ手に粟表現ではないかと。

それを「ばかがんこうはうはだら」と問う形に替えてみる。言われた方は「馬鹿こいちゃかんて」と応える。

関西弁の「ようけもうかってまんなあ」・「いやあぼちぼちでんがな」みたいなものか。そういう感じなので厭味っぽさは薄いことが多い。

ほぼお決まりの挨拶であるが、これが「冗談ゆっちゃかん」と応えると険悪になりやすい。「なにゆうてまんの」よりむきになって否定してる感が強い。

ちなみに「もうかってまっか」だと遠州弁では「ばかがんこうはうはけえ」となる。

例文

「おめえはいいよなあ。ばか がんこ うはうは だら。」

  (羨ましい限りだよ。もう笑いが止まんないんかないの?)

「馬鹿こいちゃかんて。どこがよを。こっちゃいっつもひいひいだにい。」

  (なにいってるんだい。どこがウハウハなんだ。こちとらいつも四苦八苦だよ。)

「なにい、最近宝くじかなんか何度か当たったって聞いたにい。」

  (え~?最近宝くじとかが何回か当たったって聞いたよ。)

「宝くじじゃねえわあ。あみだくじ!どぶさらいの当番のっ!三週連続!」

  (宝くじじゃないわ。あみだくじ。ドブ掃除の当番が三週連続もっ!)

|
|

« ブザー・ビート その11 | トップページ | 救命病棟24時 その7 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46243852

この記事へのトラックバック一覧です: *ばかがんこうはうはだら:

« ブザー・ビート その11 | トップページ | 救命病棟24時 その7 »