« 猿ロック エピソード4-1 | トップページ | 華麗なるスパイ その9 »

*しゃりしゃりする

色んな遠州弁を紹介するHPとかにお伺いして拝見すると所々に記載されている

「しゃりしゃりする」

意味は「エラそう・図々しい・落ち着きが無い・しゃらくさい」とかだそうだが感覚として「しゃしゃり出る」みたいなものと捉えればいいのだろうか。

しかしながら私んとこ(うちだけかもしれないが)ではそういう使い方は全くしてなく

「砂入ったもんで口ん中しゃりしゃりする。」

みたいな使い方しかしなかった。まあほぼ共通語的な使い方であろうて。

「林檎を食べるとしゃりしゃりと音がする」みたいな。

どこの集落の言葉なんでせうかね、かく遠州弁での使い方というのをする地域というのは。もちろんこういう遠州弁もあるということを否定する訳ではありません。できれば使われているエリアを知りたいところです。ただし旧市内にお住まいの方から昔使った懐かしい言葉だなあというお話しを聞きましたのでもしかしたら使った記憶がないという私の方が珍しい部類に属するのかもしれません。

ニュアンスについてもむっとしてるのか呆れてるのかとかいう感情的なのもよく分からない次第です。

「こんきい」(疲れた)は三河と隣接してる地域の言葉らしいとか「おんしゃ」(貴様)という言葉は浜北の言葉ではないかとかおぼろげに想像できるのと同じようにこの「しゃりしゃり」するのもどこの言葉か知っておきたいということです。

例文に関しましては私は使わないため使い場所が分かりませんので略とします。

 追記

 ほぼ私のルーツと同地区のお方からコメントをいただきまして、そのお方は遠州弁的意味の「しゃりしゃりする」を使っていたそうなので、集落ということではなくただ単に私の近所は使わなかっただけに訂正させていただきます。

したがってエリアとしては旧市内でも使われていたと思われます。

|
|

« 猿ロック エピソード4-1 | トップページ | 華麗なるスパイ その9 »

1-2・遠州弁し行」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。私も東小~八幡中エリアのNAVA@八まん連と申します(というかモロ八幡町民ですが笑)遠州弁、とても楽しく拝見させていただきました。ここまでまとめられたのは凄いと思います。

さて、おんしゃ(貴様)はしょっちゅうオヤジから言われていました。「しゃりしゃりするな!」は子供の頃に調子づいてはしゃいでいる時に言われていました。

私は父親が昭和9年浜松生まれ、祖父祖母がともに愛知県知多、母親が浜北出身という環境でしたので、遠州弁の使い具合も違うのかもしれませんね。

投稿: NAVA@八まん連 | 2009年9月22日 (火) 00時13分

NAVA@八まん連さんコメント有り難うございます。
一人でしこしこ作っているので偏りや誤解釈とか存分にあるやもしれません。
まだ書いちゃいんこういう言葉があるにいとかこれはおかしいらあとか言うものがございましたら
遠慮なくお伝え下されば幸いです。

投稿: はちまん | 2009年9月22日 (火) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46235592

この記事へのトラックバック一覧です: *しゃりしゃりする:

« 猿ロック エピソード4-1 | トップページ | 華麗なるスパイ その9 »