« 何に懐く(なつく)んだ? | トップページ | ブザー・ビート その8 »

*のぼせかある

のぼせかえるが訛ったもの。単純にそれだけかと思っていたけれど辞書に「のぼせかえる」は載っていなかった。ネットで調べると「東海道中膝栗毛」の一節しか検索されてこない。

つまりこれは古語か?それが遠州では現役で使われているということか?でも「むせる」で「むせかえる」という表現は生きてる訳だから「のぼせる」で「のぼせかえる」という言葉が普段使われていない筈はないような気がするのだけれど。

近い言葉で「のぼせあがる」という言葉があるが、いい気になる・思い上がるみたいな意味が強くなるので微妙に異なる。

お風呂でのぼせたような時に「長湯し過ぎてのぼせかあった。」とかいう使い方をする頭に血が上るというかくらくらめまいがするような場合に使われるのが「のぼせかある」である。

もちろん「のぼせあがる」と同じような使い方もするので全く別物という訳ではなさそうではあるが。直訳すると勝手な想像だが「のぼせ果てる」という言い方になるのかもしれない。その理由は「疲れ果てる・あきれ果てる」を「つかれかある・あきれかある」というから。もちろん遠州弁でのお話し。

例文

「やあそろそろ飯ぃ行きまい。」

  (お~いそろそろ食事しに行こうよ。)

「もうちょっと後にしまいや。」

  (もうちょい後にしないか。)

「なんでえわし腹減っただけど。旅行の一番の楽しみじゃん。」

「露天風呂せっかくだではしごしとったらのぼせかあっただか知らんがくらっくらするだよ。」

  (せっかく来たんだからって露天風呂はしごしてたらのぼせたのか分からないけど頭がくらくらしてるんだ。)

「知らんわあ。死んでろ。わしだけ先喰い行くでねえ。」

  (もう何やってんだよ。気分よくなるまで横になってな。俺は先に行くからね。)

|
|

« 何に懐く(なつく)んだ? | トップページ | ブザー・ビート その8 »

1-3・遠州弁+古語でお遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46065686

この記事へのトラックバック一覧です: *のぼせかある:

« 何に懐く(なつく)んだ? | トップページ | ブザー・ビート その8 »