« 官僚たちの夏 その8 | トップページ | ブザー・ビート その9 »

せせこましい

「せせこましい」(度量が狭くて余裕がない・狭苦しい)は共通語である。遠州ではどちらかというと狭いという意味で使われることが多い。

心持ちが「余裕がない」という使い方に関しては「きぜわしない」(落ち着きがない・急かされてうっとおしい)という表現が遠州では使われている。共通語では「せわしない」にあたる言葉であろうか。

従って「せせこましい」と「きぜわしない」は似たり寄ったりの言葉ではあるが同一では当然ない。

似たような言葉といえば全国的に使われてる方言「せせくる」(遠州では触る・弄るという意)があるが当然意味からして異なる全くの別物である。

まとめると遠州弁からみたニュアンスだと「せせこましい」は了見などが狭いという部分がメインな感じで、「きぜわしない」はあたふた・ちょこまか感がメインという感じで使い分けている。

例文

「どうよこの部屋。」

  (どうだいこの部屋は。)

「なんかせせこましいなあやあ。家賃いくらしたよを。」

  (なんか狭苦しい感じがするなあ。家賃いくらなの?)

「月○○万。」

「ん~高いだか安いだかなんとも言えんの。」

  (う~ん高いのか安いのか微妙だね。)

「なにがあ。」

  (どうしてだよ。)

「だってやあこれで荷物入れりゃあもっとせせこましくなるし、窓開けりゃ直ぐ横居酒屋じゃん。きぜわしくて落ち着かんらあ。」

  (だってさあ。これで荷物搬入すればもっと狭くなるだろうし、窓開けると隣は居酒屋だろ。騒音ありそうで落ち着かないだろ。)

「荷物なんか元からありもしん。それんなんしょ寝えれりゃええだで窓閉めときゃ聞こえやへんでとんじゃかないわ。」

  (元から荷物なんてないし、それにとにかく寝れればいいんだから窓閉めとけば聞こえないんだから気にしないよ。)

「まあ本人いいっちゅうならあれだけど。わしだったら躊躇するかもな。」

  (まあ本人納得してるんなら言うとこはないけど俺だったら考えるな。)

|
|

« 官僚たちの夏 その8 | トップページ | ブザー・ビート その9 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46117269

この記事へのトラックバック一覧です: せせこましい:

« 官僚たちの夏 その8 | トップページ | ブザー・ビート その9 »