« とあるニュースを見て | トップページ | 救命病棟24時 エピソード5 »

*だらだにだもんでほいほれやあ

まあ何度も書いている「だらだにだもんでほいほれやあ」

遠州弁の特徴を現したものであるといわれている。大雑把に訳すと以下となるがこれが全てではないのでただ闇雲に発言の最後に「だら・だに」をつければ遠州弁になるというものではない。

誤った使い方を例に挙げれれば分かりよいのであろうが慣れ親しみすぎて思いつかないものである。

だら=だろ

「よどんだらだらだら」(よだれがだらだらだろ)

だに=だよ

「そりゃ蚊ぁじゃななくてだにだに」(それは蚊じゃなくてダニだよ)

だもんで=だから・したがって

「だもんでさっきいからゆってるらあ」(だからさっきからそういってるでしょ)

ほい=ちょっと・ちょい

「ほいほいほいほかいちゃかんにい」(ちょっとほいほい捨てちゃ駄目だよ))

ほれ=ほら・それ

「ほれみっせえ」(ほらみたことか)

やあ=おい・ねえ

「やあ勘弁しとくりょを」(おい勘弁してよ)

「づら」は駆逐されて遠州では死語となっているが、「だら」と「だに」の両方の使い方をしていてとても汎用な言葉であった。強引ではあるが最後に「づら」をつければそれらしく聞こえたのであるが、今は細分化しているのでやたらくしゃ「だら」・「だに」を使ってもらしくは聞こえない。

ただし正しくは「づら」=「だら」・「づらに」=「だに」であろうが。まあ「づら」でもなんとかね。

|
|

« とあるニュースを見て | トップページ | 救命病棟24時 エピソード5 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46052686

この記事へのトラックバック一覧です: *だらだにだもんでほいほれやあ:

« とあるニュースを見て | トップページ | 救命病棟24時 エピソード5 »