« 働くゴン! | トップページ | 猿ロック エピソード4-2 »

*いきれる

「息苦しい」というニュアンスであろうか。きちんと訳すとなると遠州弁の訳では「蒸し暑い」としているところが多い。漢字で書けば「熱れる」であろうか。

共通語でも「人いきれ」という言葉があるように「いきれ」(熱れ)そのものは辞書に載っている共通語であるが共通語的には古語化しつつある中で遠州ではまだ残存してるということか。ちなみに国語辞典では造語と書かれており古語辞典では「熅る」(むしむしする熱気)という言葉が載っておりこれが相当するものと思われる。

「息が切れる」と言う表現が「いききれる」→「いきれる」と変化して訛ったと考えれば分かりやすいか。勿論説明上の綾でこれが正しい理由ということではない。

どちらかというと古い遠州弁でも最近はあまり使われることは少なくなってきている気がする。今ではどちらかというと「むっとする」という言い方をする人が多い。男女共用の表現。

例文

「こん中ぬくとくていいやあ。冬なんか仕事するに楽だらあ。」

  (この中は温かくていいなあ。冬とか仕事するのに楽でしょう。)

「あれえ(ビニール)ハウスん中ぁ結構いきれるもんで仕事するにえらいだにい。」

  (何言ってるの。ハウスの中は結構蒸し暑いから仕事するのにしんどいんだよ。)

「冬でもけえ。」

  (冬でもそうなの?)

「だよを夏なんかはあ堪らんにい。」

  (そうだよ。夏なんかもう堪らないんだからね。)

「なによを冬でもいきれるなら夏ぁ酸素ボンベでもしょうだ?」

  (そんなに冬でも蒸し暑いんなら夏なんかじゃ酸素ボンベでも背負うのか?)

「いくらなんでもそんなこたあしんけどやあ。」

  (いくらなんでもそんなことはしないけど。)

|
|

« 働くゴン! | トップページ | 猿ロック エピソード4-2 »

1-2・遠州弁い行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46280061

この記事へのトラックバック一覧です: *いきれる:

« 働くゴン! | トップページ | 猿ロック エピソード4-2 »