« 猿ロック エピソード3-2 | トップページ | コールセンターの恋人 その9 »

*たあ

「とは」の変化したもの。ただし「いっしょくたあ」が「一色とは」という訳ではないようにすべて「たあ」=「とは」であるとは限らない。

「ゆわんかったたあいわしゃへんでねえ」(言わなかったとはいわせないからね)

といった使い方をする。すべてがこのように変化する訳ではなく

「とはいっても」を「たあゆっても」とは言わない。

例文

早い者勝ちの喧騒に包まれた限定品売り場にて

「あんたねえちったあ気い利かすなりして遠慮しない。いやったい。ないと困るもんじゃないだら?」

  (あのねえ、ちょっとは気を利かすとかして遠慮しなよ。えげつないんだから。ないと困るものじゃないんでしょ?)

「あんた欲しくないもんでそんなこんゆうだけど、んなことゆったって限定だもんで遠慮なんかしてたら手に入らんかもしれんじゃん。」

  (あなたは欲しくないからそんな事いえるんだろうけど、そんなこと言っても限定なんだから遠慮なんかしてたら手に入らないかもしれないじゃないの。)

「ほんとに必要なもんはなくなりゃせんよ。数限るっちゅうこたあなくてもとんじゃかないもんだらあ。」

  (本当に必要な物はなくなったりなんかしないよ。数を限るってことはなくても不自由しない物なんでしょうに。)

「しょんないじゃん。欲しいだでえ。」

  (しょうがないでしょ欲しいんだから。)

「まあせいぜい踊んない。」

  (まあせいぜい踊らされてきなよ。)

「そんなあきれかあらんでもいいじゃん。」

  (そんな呆れなくてもいいじゃないの。)

|
|

« 猿ロック エピソード3-2 | トップページ | コールセンターの恋人 その9 »

1-2・遠州弁た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46096998

この記事へのトラックバック一覧です: *たあ:

« 猿ロック エピソード3-2 | トップページ | コールセンターの恋人 その9 »