« オトメン・夏 その7 | トップページ | 官僚たちの夏 その10 »

*ペーシ

「頁」(ページ)の事。「じ」を「し」という事。遠州独特かどうかは定かではないが他所の人に言わせると遠州人は変わってるらしい。しかし確かにそう言っている。

何でと問われてもそうなんだから説明のしようがない。大抵どの数字の頁にでも「し」に変わるのであるが、私の場合「1頁」の場合「いっぺーし」ではなく「いっぺーじ」又は「いちぺーし」・「6頁」は「ろっぺーじ」又は「ろくぺーし」・「10頁」は「じっぺーし」にはならず「じっぺーじ」と「っ」が入る読みの数字には「し」にならないことがある。でも「じゅっぺーし」とはいう矛盾もあるいい加減なものであるが。

ちなみに遠州人全てがこう言うとは限らない。男女共用の表現。

例文

「あのやあ。6ペーシ目んとこさあ。意味分からんだけど何書いてあるだか分かるう?」

  (あのさあ。6ページ目のところなんだけど。意味が分からないんだけど何が書いてあるのか判る?)

「おんめえはあ今10ページ目ん入ってるじゃんかあ。ついてこれてんだか?」

  (あのなあもう9ページ目に入ってるんだぞ。ついてこれてないのか。)

「いんやあ。聞かすたあ思ってただけえがタイミング逃いてそれっきりんなっちゃってさあ。」

  (いや~あの~聞こうとは思ってたんだけどついタイミング逃しちゃってそれっきりになってしまってね。)

|
|

« オトメン・夏 その7 | トップページ | 官僚たちの夏 その10 »

1-2・遠州弁へ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46231816

この記事へのトラックバック一覧です: *ペーシ:

« オトメン・夏 その7 | トップページ | 官僚たちの夏 その10 »