« コールセンターの恋人 その9 | トップページ | 華麗なるスパイ その7 »

~だじゃかん

「一日3杯までだで4杯も飲んだじゃかんて。」

  (一日3杯までなんだから4杯も飲んではだめだって。)

訳せば「~ではいけない」ということになる「~だじゃかん」。

「だじゃ」+「かん」ではなく「「だ」(で)+「じゃ」(は)+「かん」(いけない)。

もちろん「てはいけない」で「たじゃかん」という言い方もある。

普通だったら「飲んじゃ駄目」というのであろうが、「だ」が入るのが遠州弁らしい表現であろうか。「のんじゃかん」も普通に使われる表現だがこれだと命令度が強い感じになるので訳すと「のむんじゃないよ」とかになる。

例文

「あんた勝手にそれ飲んだじゃよかあないらあ。」

  (ちょっと。勝手にそれ飲むのはどうかと思うけど。)

「勝手にって誰に断りゃいいっつうよを。」

  (勝手にって、誰に断ればいいっていうの。)

「誰んのとかそういう意味じゃなくて。検査するで飲み食いしたじゃかんっつわれてんかった?」

  (誰のものをとかいう意味じゃなくて、検査するから飲み食いはしないようにって言われてなかった?)

「やいやいそうゆやあそうだった。わすれかあってたやあ。」

  (あ、しまったそういやあそうだった。忘れてたよ。)

「知らんにい。どんじかられても。」

  (怒られても知らないよ。)

|
|

« コールセンターの恋人 その9 | トップページ | 華麗なるスパイ その7 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46108431

この記事へのトラックバック一覧です: ~だじゃかん:

« コールセンターの恋人 その9 | トップページ | 華麗なるスパイ その7 »