« 猿ロック 2-1 | トップページ | コールセンターの恋人 その5 »

*はしくりまわる

「走り回る」という意味。男女兼用の言葉。遠州弁特有かどうかは定かではない。

ちなみに「はしくりまわす」という表現はなく走らせると言いたい場合には「はしくりまわさす」という言い方になる

人に向けて言うと迷惑・うっとおしいというニュアンスがこもることが多く、自分の事を言うと無駄骨・結果無意味とかいうニュアンスを含むことが多い。

「はしくりまわってこれかよ。」ってな具合で。

こういう表現の一例は「いじくりまわす」・「つれくれまわす」とかがあり結構多様でありニュアンスもそれぞれ異なり奥が深い表現である。

例文

「やあ。家ん中はしくりまわってんで外行って遊んできい。」

  (もう。家の中ではしゃいでないで外に出て遊んできなよ。)

「やあだよ。暑くて死ぬわ。」

  (厭だよ。暑くて死んじゃう。)

「ホント最近の子はやごいだかしらんがエアコンないとかんだなあやあ。」

  (本当に最近の子供は軟弱というかエアコンがないと暮らしていけないんだなあ。)

「ふんなこんゆったって外出て倒れたらどうしてくれるよを。」

  (そんなこと言ったって外に出て倒れたらどうしてくれるよ。)

「死にゃせんでええよっつえれんのがありそうで怖いなあやあ。」

  (死ぬようなことはないよって言えれないことが本当にありえそうで怖いよな。)

|
|

« 猿ロック 2-1 | トップページ | コールセンターの恋人 その5 »

1-2・遠州弁は行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45851786

この記事へのトラックバック一覧です: *はしくりまわる:

« 猿ロック 2-1 | トップページ | コールセンターの恋人 その5 »