« 赤鼻のセンセイ その7 | トップページ | 猿ロック エピソード2-3 »

*いんくなる

「いなくなる」。関西系の表現であろうが遠州でも普段使われるということで。

決して暗くなるみたいな意味の「陰くなる」とかいうものではないし意味不明だが「インクなる」とかいうものでもない。

「いないものだから」は「いんもんで」

「いなくなれ」という「いね」という表現はまったくしない訳ではないがほとんど使われない。こういう場合方言ではないが「消えろ・けえろ」とか「もこういけ・どっかいけ」・「いらん」とかが使われることが多い。

例文

「まあたどこぞにほっつき歩きいっただか知らんがいんくなったぁ。」

  (またどこかにほっつき歩きにいっちゃっていていなくなったよ。)

「しょっちゅういんくなるでねえ。注意しんとを。」

  (気をつけないとしょっちゅういなくなるからね。)

「どう注意せすでえ。」

  (どう言えばいいのさ。)

「無理かあ。」

  (打つ手なしかあ。)

「だらあ。ホントしょんない。」

  (そうだろ。もうどうしようもないよ。)

|
|

« 赤鼻のセンセイ その7 | トップページ | 猿ロック エピソード2-3 »

1-2・遠州弁い行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45907761

この記事へのトラックバック一覧です: *いんくなる:

« 赤鼻のセンセイ その7 | トップページ | 猿ロック エピソード2-3 »