« 救命病棟24時 エピソード3 | トップページ | 赤鼻のセンセイ その8 »

*ずいぶん

「随分」。辞書によると

普通の程度を越える様子。「随分な」だとその意味は、相手のひどい態度を責める様子。

となっている。

遠州弁における「ずいぶん」は

「そりゃまたずいぶんじゃん」(ひどい事してくれるよな)

「ずいぶんな物言いじゃん」(なんていう事言うんだ)

「ずいぶんな事してくれるじゃん」(ひどい・余計な事をしてくれて迷惑)

「ずいぶんだやあ」(ひどいなあ)

といった「随分な」という「ひどい」という意味の使い方が殆どで、普通の程度を越える様子という共通語的使い方には「がんこ」・「どえらい」・「ど」・ばか」・「相当」とかを使うので共通語と遠州弁ではそのニュアンスが微妙に異なるような気がする。

例文

「あれ?わしのわ?」

  (あれ?俺の分はないの?)

「買っちゃいんよ。」

  (買ってないよ。)

「なんでえ随分じゃん。」

  (なんだよ冷たいなあ。)

「だって欲しいっつわんかったじゃん。」

  (だって欲しいって言わなかったじゃないか。)

「そりゃゆっちゃあいんけどそんくらい気い利かすらあ普通。」

  (そりゃあ言ってなかったけど普通は気を利かせるだろ。)

|
|

« 救命病棟24時 エピソード3 | トップページ | 赤鼻のセンセイ その8 »

1-2・遠州弁す行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46007973

この記事へのトラックバック一覧です: *ずいぶん:

« 救命病棟24時 エピソード3 | トップページ | 赤鼻のセンセイ その8 »