« 赤鼻のセンセイ その8 | トップページ | 熱中症ってどっちが? »

*あたま

「あたま切る」(髪を切る)

といった風に「髪」という意味として使われ、その変化形として

「あたまやる」(散髪)

という使い方もしている遠州弁。

古語辞典を読んでたら、「あたま」(頭)・意味 ①髪 ②物事の始め と書かれてあった。

共通語でも「頭を丸める」(出家する)みたいな使い方もあり、遠州弁独特の言い回しではなく古語が生き残っていたということになる。

では、今の「頭」という意味は古語でなんというかというと「つむり」とな。

「おつむ」という言葉が未だ使われてるので死語というものではなさそうだ。

でもやっぱ遠州以外の地で「頭切る」と言うと「え?」と思われることに変わりはない。

例文

「ちょっとあたまやってくるでねえ。」

  (ちょっと床屋に行ってくるよ。)

「あんたしょっちゅうあたまやり行くだねえ。」

  (あなたしょっちゅう床屋に行くよねえ。)

「しょんねえらあ伸びたらうざったいだで。」

  (仕方ないだろ伸びると邪魔臭いんだから。)

「そんなしょっちゅう頭切らんならんなら、はあいっそのこと丸めてきない。」

  (そんな頻繁に髪切らなきゃいけないんなら、もういっそのこと坊主にしてきなよ。)

「勘弁しとくりょを。みばあ よくしんと こぶしょったいじゃん。」

  (よしてくれよ。きちんとしてないと恥ずかしいだろ。)

「基ん ねぐさってる だでとんじゃかねえらあ。」

  (基が基なんだから無駄なあがきでしょうに。)

「随分じゃねえか。」

|
|

« 赤鼻のセンセイ その8 | トップページ | 熱中症ってどっちが? »

1-3・遠州弁+古語でお遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46032818

この記事へのトラックバック一覧です: *あたま:

« 赤鼻のセンセイ その8 | トップページ | 熱中症ってどっちが? »