« 四度目の転生に答えはアルカナ | トップページ | 官僚たちの夏 その6 »

*いがむ

以前「えがむ」という記事でも書いた「歪む」(ゆがむ)の訛った表現のひとつであるのが「いがむ」。

その記事では「いがむ」と「えがむ」に大した違いはないと記したのだが、個人的な感覚として思いついたことでいえば

目で視認できる物が歪んでるような場合には「えがむ」

目に見えないものが歪んでるような場合には「いがむ」

を使うことが多いような気がするのは気のせいか。

「世間が歪んでる」という場合には「世間がいがんでる」

「竿が歪んでる」という場合には「竿んえがんでる」

といった風に。もちろん明確な使い分けをしている訳ではないのでこうだと決め付けることは出来ない個人的解釈である。

ただし、「いがむ」は方言ということではなさそうで古語辞典を引くと「いがむ」(意味は「ゆがむ」)が記載されており古語であるらしい。何故古来「ゆがむ」と「いがむ」の二種類が存在していたのかの説明はなされていない。

したがって「えがむ」は方言だが「いがむ」は古語ということになる。

例文

「あそこんさあのにいさ、弟と違って性格がいがんでるできいつけなよ。」

  ((あそこにいる○○のお兄さん。弟と違って性格歪んでるから気をつけなよ。)

「どうゆうとこがあ。」

  (どういうところが?)

「自分欲しけりゃ誰んのだろうが自分のものにしくさるだって。ゲームだろうがマンガだろうがそれん弟ん買ったのだろうが弟借りてきたもんだろうがとんじゃかないだって。」

  (自分が欲しいとなれば誰のものだろうと関係なく自分のものにしちゃうんだって。ゲームでもマンガでもそれが弟が買ってきたのだろうが弟が借りてきたもだろうがお構いなしだって。)

「そりゃ強欲なだけだらあ。」

「だでそおゆうのいがんでるっつうだあ。」

  (だからそういうところが歪んでるって言ってるの。)

|
|

« 四度目の転生に答えはアルカナ | トップページ | 官僚たちの夏 その6 »

1-2・遠州弁い行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45850504

この記事へのトラックバック一覧です: *いがむ:

« 四度目の転生に答えはアルカナ | トップページ | 官僚たちの夏 その6 »