« ブザー・ビート その6 | トップページ | 救命病棟24時 エピソード2 »

*次男坊

言葉そのものは共通語で意味的な地方性とかは存在しないのだが。

共通語だと子供に対して使う表現で大人に対してあまり使わないが遠州では幾つになっても使うところが地域性であろうか。

自分の弟を指す場合は「舎弟」・「舎っ弟」。

よそ様の弟を指す場合に「次男坊」と言う。もちろん三男なら「三男坊」。

例文

「あそこんほんやけえ。」

  (あそこが本家なの?)

「あそかぁしんや。次男坊んちでえ。」

  (あそこは分家。次男の家だよ。)

「ほんじゃほんやはどこよを。」

  (それじゃあ本家はどこなの?)

「わしんちでえ。」

  (俺の家。)

「うっそお。おんしゃあ次男坊にめえるやあ。」

  (ホントかよ。お前の方が弟に見えるぞ。)

「つうかわし間借りの居候だもんで。ほんやはいとこでえ。」

  (というか俺間借りしてる居候。本家はいとこなんだ。)

「なんだぁ。ややこしいなあやあ」

  (ああそうなの。複雑なんだね。)

|
|

« ブザー・ビート その6 | トップページ | 救命病棟24時 エピソード2 »

1-2・遠州弁し行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45906170

この記事へのトラックバック一覧です: *次男坊:

« ブザー・ビート その6 | トップページ | 救命病棟24時 エピソード2 »