« *わりかし | トップページ | 今年の夏の景色の記憶 »

コールセンターの恋人 その8

 今週の商品、三点セットの組み合わせはよをこんなこじつけ考えるよなあと。

ゴルフのドライバーにカーナビ、それになんと指輪ときたもんだ。なんの繋がりもないこの3点を「出来る男の三点セット」と銘打って告知するなんざ逞しいを通り越して嗤っちゃう商魂だよなあと。

こんなの買う奴いるんかいと思ったら湧いて出るほどいるという始末。まさに物は言い様。ふと気になったのはテレビショッピングの利用者の男女比率ってどれくらいなんでありましょうか。

それにしてもどうせ在庫品抱き合わせ処分ミエミエの苦肉の策なんでしょうが、唯一謎に満ちているのが「少量の小麦粉」。何に使うのか?それが気になってなりませんでした。

「出来る男」というのは口実で実は「浮気支援グッズ」であるということになっているのでありますが。まさか危ない「粉」に見せかけチョイ悪ぶるとかいう洒落にならない使い道でもありますまいに。

で、結局は出来る男グッズではなく浮気支援グッズでもなくなんと浮気撲滅グッズだったというオチで小麦粉はその為のアイテムだったということで。分かりづれえ~!取扱説明書なしでその用途が分かる賢い人がいるなら見てみたいですわ。

ほんで、アイス(名取さん)の売り文句を真に受けて買った人が怒り心頭でコールセンターにまで直談判にくるというのはそりゃあそうだよなあと思う次第で。正直者は馬鹿を見ると言う世界をもろに表現していて哀愁だよなあ。信頼っていうのはなんなんでしょうねえ。

二組の壮大な夫婦喧嘩に巻き込まれるコールセンターの図という舞台の中で描こうとしたものはなんなんでしょうかねえ。雨降って地固まるという奴でしょうか浮気かもと疑って本心が見えたという流れなんでしょうか。片方は雨降って地ど壷みたいでしたけど。完全にセンター長(松重さん)いじられキャラですな。ああいうお人でも元気にやってられるなら俺だってという気になりますんでどんな時でも陽気でいて欲しい感じです。

 それにしても即使用目的が浮気と決めつけてコールセンターに苦情申告する人とか使ったけど上手くいかなんだとかぶーたれてくる人の気がしれませんて。あんなんで浮気が上手く行くのならそれこそ婚活セットを売り出せばもっと売れるでしょうなあ。

 青響(ミムラさん)がやきもち焼く風に見えた様というのは若干とってつけたように感じられて不可思議でありました。逆なら多少理解出来るんですけど。

 本社に殴りこまず最果てのコールセンターに殴りこんでくるというあの方もなんか凄い矛盾を抱えてるような気もしないではなかったですが終り良ければ全て善しなんでまあ場所についてはいいかあ。それにしても松重さんも金田さんも黙ってたらそれなりに迫力ありそうなのに熱さのせいとはいえ何故か笑えた対峙の画というのは流石だなあと思いました。

|
|

« *わりかし | トップページ | 今年の夏の景色の記憶 »

2・2009年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/46056914

この記事へのトラックバック一覧です: コールセンターの恋人 その8:

« *わりかし | トップページ | 今年の夏の景色の記憶 »