« *あめま | トップページ | *次男坊 »

ブザー・ビート その6

 「な~んて独りぼっちが淋しくて大声で独り言を言ってみた。」という麻衣のセリフ。笑いを取ってる訳じゃあないけど幕が転換してる間の作者のちょっと一休みみたいな雰囲気が漂って和むです。まさしく麻衣(しほりん)がストリーテラーのようで、莉子(北川さん)の行動はまるで麻衣の描くシナリオに従って進んでいくかのような錯覚すら覚えさせられます。それは強制でも強要でもなく莉子を思い遣ってのアドバイザーという意味なんですが、大抵の情報が麻衣のところに集まってくるからそう思えてくるんでしょうか。そういう意味での秀治(溝端さん)の存在は必需であります。姉と弟みたいでさりながらこの二人がもしくっつくとなったらそのタイミングというかチャンスがどこにあるのか想像つきません。

麻衣は多分聞き上手なんでしょうね天性の。当初は私に任せなさいみたいな姉御肌な側面も感じられたんですけれどここへきて背中を押すタイプの人に映ってきました。でも最後は一肌脱ぐんでしょうかね莉子の為に。そんな気がしてきました。

一週間に及ぶひたすらな恋話問答で莉子は嘘をつかないという結論に至る。この間麻衣はずうっと聞き役に徹していたんでしょうかね。

その結論に沿って素直に生きようとするとそれを遮るかのように何かと周りの人が煩わしさを運んで物事を難しくしてしまう。しかもそれが悪意のないものであるだけに始末に負えないという様相。

先週の感想というか予想で莉子(北川さん)と川崎(伊藤さん)が分かれるとしたら川崎が引くんじゃないかと思ったんですが、あにはからんやライバルが居る方が燃えるとて、引く気皆無というかむしろ歩みをより早めて走り始めた勢いすら感じる次第で。

最後の川崎の「お前を信じてる。」ってセリフからしても真に受けたらアホなんだろうな。暗にというかモロに「手を出すなっつうかお前引け」と言ってるようなもんで、さすが体育会系。じくじくしてない宣戦布告でありました。

直輝の方に目をやれば、菜月(相武さん)と分かれるわ足を負傷するわで踏んだり蹴ったり。しかも最後は川崎から今のところの唯一の心安らぐ出会いをも足を踏み入れてはならぬと警告される始末。これは踏んだり蹴ったり掬われたり。バスケにおいても代々木とは未だ心を通じ合えない状態。こうなると踏んだり蹴ったり掬われたり揉まれたり。一体全体どこで心を洗濯(リフレッシュ)すればいいんだという滅入りの極地みたいな有様。長期戦にでもなったらどこかで爆発しそうな状況ですな。もしそうなったら誰に当たるんだろう。

そんなこんなで莉子も直輝も程度の差はあれ気分は限りなく深い青の世界に沈み込んでいる状態。でも自分から動き出した結果で受身の被害者ではない。川崎は走り出したばかりで紅き情熱の赤なのか。自らを奮い立たせようとしてる空元気なのかそれとも戦士の血が甦ったのかは分かりませんが。

残った菜月だけがひたすらな受身(本意に非ずして)にてある種の被害者。もちろん自業自得の為せる業でありますがその代償は本人が想像していた以上の深い傷にようでありました。なにかに夢中になっていないと平静を保てないからと仕事をしていても家でゲームをしていても頭の中から湧いてくる悲しみというのが切ない限りでありました。菜月はなんで直輝でなけりゃ駄目なのか説明がされてないままなんですが今後代々木と出会うたびごとに直輝との違いが描かれてこういうところの直輝が好きだったという間接的な形で表現されていくんでしょうかねえ。なんかまだるっこしい感じですが。

 それにしても結構急展開な流れでしたね。莉子の心変わりというかこうも早くに直輝に想いが向くというのは急速で意外でした。麻衣との会話で我に戻ってどう取り繕って直輝と心とは裏腹の友情関係を続けるかの算段をするのかと思っていたんで。

さて次週は鬼にいぬまのなんとやらか?川崎が海外に行っているうちになんやらかんやら起きるのか。パターンとしては川崎のいない間に直輝と莉子の距離が益々縮まっていくってのがお約束ですけどはてさてどうなるんでしょうか。

最後ブザービートを放つのはそりゃ直輝でありましょうがそれは莉子にか菜月にか。どっちもありうる展開で翻弄してくれたら愉しいですな。

 今回の伊藤英明さんはいい顔してたなあ。やっぱファイトに燃えるのが似合うんでしょうか。

 北川さんはメリハリのつけ方が半端ないですねえ。あえてのすっピン風のメイクやアルバイトでヴァイオリン弾く時の決め化粧にギャップ。家でくつろいでいる時は股が緩めでと。一緒に住んでる麻衣が家でもどこでもその態度や見た目に変化をつけていない分余計にそれは映える感じです。それでいて声の高さが変わったりとかはしないので猫被ってる訳じゃない「普通」の女性というのが伝わってきます。逆に麻衣は声がころっころ変わるのが余計にね比較できるというか。そこまでこのコンビは計算してお芝居されてるんでしょうか。

ちょっとどうでもいいこと気になったのは共同生活ってのは食事の席とか座り位置って決まらないものなんですかねえ。

|
|

« *あめま | トップページ | *次男坊 »

2・2009年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45958868

この記事へのトラックバック一覧です: ブザー・ビート その6:

« *あめま | トップページ | *次男坊 »