« *ずるっこい | トップページ | 遠州弁を説明するにおいて »

TOHOシネマズ

 しぞーか県内で3番目のTOHOシネマズが磐田に2009・7・23オープンの運びだそうな。しぞーか県内で3番目っていうけど、はまーつの街中ZAZAに一丁。サンストリート浜北に一丁。ほんでこんだぁ ららぽーと磐田に一丁と。西部地域ばっかじゃんかと。

それって喰い合いにならないんかいと余計なお世話してしまうくらい車を移動手段として考えると相互が距離的に近いよなと思わないでもないのですが。まあ映画文化が遠州で盛んになってくれれば喜ばしい限りでありまして。

で、気になる事をいくつか。

*Cmはぶたないのかな。

ZAZAの時は記憶にございませんが、浜北の時には地元の雄たる「長澤まさみ」さんがCmぶんぶんでラジオCmをもこなしてられましたが今度はどうなんでせう。浜北は川を挟んでの磐田のお隣だったけど今度のららぽーとはまさしく磐田で長澤さんの地元。に、しては音無しだなあと。

話しずれますけど、「長澤まさみ」といえば最新作の「群青」はま~つじゃ上映してないみたいす。三木聡監督の作品は以前に監督が来浜された縁もあってかZAZAで観ることが出来たけど、地元出身の役者監督さんとかには無反応なんでしょうかねえ。

*上映は割り振るのかな。

ZAZAと浜北では露骨な大作はドル箱(円箱ではない)だから同じように上映してるけどそうでないような作品については振り分けられてるような気がしないでもなく、それについては選択の自由が広がって有り難いことでありますが、今後は3つが協議するかなんかして割り振るのかしらむ。

個人的には浜北と磐田で大作をメインにして貰ってZAZAは通好みに寄ってくれると嬉しいのにな。

自分が興味が湧く企画を考えるとしたら、監督ウィークもしくは監督デーとかで監督さんが来浜されて解説とか質問とかができればなあと。それだったら朝から晩まで最低3本観れて飯付けて呉れたら万札出しても惜しくないな。こうなると江戸の頃の歌舞伎見物するようなものか。

あとは地元出身者を応援すると言う意味で毎日どれかのスクリーンで地元出身者が参加されてる作品を上映するとか。そういう差別化を図ってもええんでないかいと思えますです。

*形態はサンストリートに似てるけど複合商業施設の中に入るのは今後の指標なのかしらむ。まあZAZAも複合ではあるけど。

ほんとかどうか確かめに行った訳じゃないのであれだけど、サンストリートは集客的には当初と較べて落ち着いてきてる(そんな混んでないよ)ということを聞いた。単純に商売として成り立つのかな。

結局映画は上映開始時間が決まっている観る側の都合に合わせてくれない煩わしさがあるのだけれど待ち時間を解消するためにネットで確認して時間を合わせて行くか映画館近辺で時間を潰すことになるので。他の娯楽施設が傍にあるのは後者の時間つぶしには最適なパートナーということになるのだろうなあ。

ちなみに私がよく利用するZAZAでは下の階はゲームコーナー?みたいで、おやじにはいづようのない場所で存外早めに映画館に着いても時間を潰せない。

私が時間潰せるものといったらなんだろ。展示物とか掲示物を後ろ手に組んで眺めることかなあ。単なるデカイポスターの羅列で30分以上間を持たせといわれても無理だけどある程度の情報量を備えたものをケース越しに美術鑑賞するみたいなスペースがあればなあと。テレビで流れる情報ってのは人の流れがこどんで長くはいづらいものだし。

*もぎりの場所(ZAZAのお話し)

以前と違変わって一箇所で上映の何分か前にチケットをもぎってる最近。どういう理由で変わったのかは知らないけれど混む時はそれぞれ違う映画を待つ人達のひといきれでやるせない。もぎった後の各スクリーンに向かう際の空間の物静かさとの対照を思うと今のシステムが一時的なものだと願いたいものである。早めに席に座れればパンフとか読み込めるんだけど。

あれだけ人がわんさかいる場所でチケットの販売してる人は大変だろうなと思える。結構大き目の声で案内をしてくれてるとはたしてこっちのぼそぼそ言う声が聞こえてられるのかなと心配になってくるくらい。まあ混んでなければ問題はないのだろうけど。昔みたいに「大人一枚」で済む訳じゃなく映画名・席の決定・シネマイレージ等の有無・上映開始時間及びスクリーンの説明等々色々会話をしなければいけない割には騒々しい所で売っているもので。

|
|

« *ずるっこい | トップページ | 遠州弁を説明するにおいて »

4・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45517427

この記事へのトラックバック一覧です: TOHOシネマズ:

« *ずるっこい | トップページ | 遠州弁を説明するにおいて »