« TOHOシネマズ | トップページ | 2009・6月のコマーシャル »

遠州弁を説明するにおいて

A「やあ おんしゃ なにょう こいて けつかる だあ」

  (おいおいなにを言ってるんだ)

全て遠州弁という表現を考えるとこれが頭に浮かぶ。

だからとゆうてこれが遠州弁を代表する言い回しと言うのは切なかろうて。

誤った事を言っているのだが

B「つって やっぱ なっぱ はっぱ だった じゃんかあ」

  (だからやはり菜っ葉は葉っぱじゃないか)

というのも遠州弁っぽい言い回しである。

色んなところでよく使われてる遠州弁っぽい言い回しとしては

C「ぽんぽんで ちゃっと とんできゃ どんばやくに つくにい。」

  (オートバイで急いで行けば物凄く早くに着くよ。)

とかいった類をよく見る。しかしながらAとCはどちらかというと野郎言葉で女子が使う表現ではない。

因みにAを女子表現にすると「ほい、あんたぁ何寝言ゆってるよを。」

Cの場合には「ぽんぽんでちゃっといかしゃがんこ早くに着くにい。」

とかになる。(あくまで一例だが)と、言う風に遠州弁には野郎言葉と婦女子言葉それに男女兼用表現とが存在しており、正しいかどうかはともかくとして実際使ってる言い回しに沿った説明をするとなるとこれらをはっきりとしておかなければならない。色んなところで紹介されてる遠州弁の説明はそういう点に若干開拓の余地があるだろうと踏んでいる。

Bのように男女兼用の表現だけを選別して紹介すると言う手もあるがいまのところとりあえず思いついたものを記事にあげつらってるだけでひーこら言ってる現状である。

そのうち出し尽くしたかなと思えてきたら以前の記事を修正・補足していきたいと考えておりますので前読んだ時と内容が少し変わってると言うことがあるやもしれませぬのでご承知置き下さい。

|
|

« TOHOシネマズ | トップページ | 2009・6月のコマーシャル »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45395349

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州弁を説明するにおいて:

« TOHOシネマズ | トップページ | 2009・6月のコマーシャル »