« *あ、そうゆうこんね | トップページ | *一個っつ »

コールセンターの恋人 その2

 「なんでも屋」うちの近所にも欲しいぞ。

という訳で、「わけあり」に喰い付く庶民の影で悲哀を舐める人がいるという今回のお話し。このドラマでは故意に「わけあり」化して商売繁盛を成し遂げる反面、より良い商品を提供すると言う生産者のプライドを失うという悲哀でありました。

そんな悲哀をどう処理して行くのかという過程が意外と面白かったところであります。結構けれんに満ちていてある種のお白州での名奉行のお裁きの如き一件落着という体は存外観ていてすっきりするものがありました。

なんか分かって来たのはなんで携帯が圏外になるような地にコールセンターが存在しているのか。まあ受注はいざ知らずクレームに関しては直接的な身の危険を感ぜずに済むからかもと。そんな客に媚びない啖呵も聴けたクレーム処理の現場でありました。最後の青山(ミムラさん)の苦情処理の際の発言が全てを物語っている訳で。至極正論ですっきりしましたです。

クレームはあくまできっかけで本心(本当に伝えたいこと)ではないという下りは確かにとは思いますが、私なんざ窓口で「表でろ!」とか言われたりして直でしたから売り言葉に買い言葉というまず感情が先に走ることばかりでしたので、こういった相手の心の奥までを探るなんてことはなかなか出来なかったですわ。枝葉に捉われず本心を見抜けというのは心に余裕がなくてはまず感情が先に出ますからそれを抑えるにはどうしているのかというのが提示されたら為になるんですけどね。

しかしながら結局悪いのは(悔い改めるべきなのは)誰なんだろう。売れるためなら業者も泣かす南極アイス(名取さん)を象徴とした売る側なのか。流れにただ乗るだけで付和雷同な買う側なのか。テレビという道具を使って買う側を調教して煽動する側なのか。限定と謳っているのに買えないと怒る側なのか。需要を満たす数を確保できなかった側なのか。プライドを守れず打算に走った側なのか。まあいいも悪いもなくただ踊る阿呆に見る阿呆ということなんでしょうけど。

いずれにせよ、人は誰かを犠牲にした上でなければ幸福感が満たされないという象徴みたいともとれなくもなし。あちら立てればこちら立たず。縮図というか現実を描いているということなのでしょうか。ドラマでありますから最後は業者さんもプライドを守り売る側も煽動の手を緩めとなって四方丸く収まってるみたいに見えますけど。ライバルが煽動の手を緩めずこれでもかと「わけあり」を押し通して業績を上げてきたらとても一件落着という訳にはいきますまいに。他がやるならウチもやるってのが常識でしょうからそういとこは少しメルヘンがかかってたかなと思わないでもないところです。

 キャラクター的には売らんかな主義の権化としての南極アイス(名取さん)の存在が効いている風に感じます。組織という責任の拠り所が曖昧な抽象的な憎まれ役ではなく一極集中させたところがとても判り易いドラマになっているようです。決して悪党という訳でもないお方でありますが叩き甲斐がある信念や行動の強さが魅力です。厭味を感じさせないところもいいですな。

その対極に居るのがなあなあでへたれの主人公都倉(小泉さん)なのでありますが、青山(ミムラさん)とアイスの間に挟まれて右往左往する姿が理想と現実の間で悶えてるみたいでそこが面白いとこであります。

青山は謎ばかりでその謎が今後解き明かされていくのでしょうが、謎のままでも別にいいじゃないかという気もしてきました。知るというより馴れてくという感じで。

頑張るサラリーマンの成長記と考えればそう目新しい題材ではないのですが、クレームという人心のドロドロとの格闘(退治)というのであればこれは愉しいなと。似たような感じでは以前「モンスターペアレント」というドラマがありましたがあちらは提示というにとどまって退治というとこまでいきませんでしたからそういうとこまで行き着いて欲しいなと。

とりあえず今回は溜飲が下がりましたんでこの勢いでいって欲しいよなと思います。

|
|

« *あ、そうゆうこんね | トップページ | *一個っつ »

2・2009年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45595132

この記事へのトラックバック一覧です: コールセンターの恋人 その2:

« *あ、そうゆうこんね | トップページ | *一個っつ »