« *せんぼ | トップページ | *かまびすしい »

光陰矢のごとし

あくまで言葉遊びです。冗句です。

「行員矢の如し」

 意味

銀行員が手のひらを返すようなローンの返済督促やら融資打ち切りやらなどのあからさまな様子。

「工員野へGOとし」

 意味

不景気になると即野に下されるという首切りならぬ尻尾切りの様。

「公園夜の如し」

 意味

昼でも夜の公園並に危なくておちおち子供を遊ばせられないという物騒な世の中のお話し。

「強引家に強盗し」

 意味

押し込み強盗をすること。

本当の「光陰矢の如し」とは

月日は矢が放たれたように瞬く間に過ぎ去ってしまうもの

と言った意味。趣旨は無為に時間を使うなという教え。

|
|

« *せんぼ | トップページ | *かまびすしい »

4・変形改造ことわざ・慣用句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45406438

この記事へのトラックバック一覧です: 光陰矢のごとし:

« *せんぼ | トップページ | *かまびすしい »