« 娯楽惑星 コンケルド サンバーン | トップページ | 赤鼻のセンセイ その3 »

*ゆったらかあ

「言ってあげようか」という意味。

「ゆったらあ」だと「言ってやる」となる。

「言う」に限らず、例えば「やる」でも「やったらかあ」・「持つ」だと「もったらかあ」という使い方をする。

これと同じ使い方では「ゆっちゃるにい」。関西風だと「ゆうちゃるでえ」とかであろうか。

例文

「おんしゃ よを ゆいえん なら わしん ゆったらかあ。」

  (君が言いにくいのだったら私が言ってあげようか。)

「いや。いい。遠慮しとく。」

「なんでぇ。遠慮しんだっていいだにい。わしとんじゃかないにい。ゆったらあ。」

  (どうして?遠慮しなくたって私は気にしないよ。言ってあげる。)

「だでじゃん。無頓着にゆわれたじゃ余計こんがらがるわあ。」

  (だからだろ。無神経に言われたんじゃあ余計にこんがらがるだろ。)

「随分なことゆうやあ。それじゃわしまるで無神経みたいじゃん。」

  (ひどい事いうなあ。それじゃあまるでオレが無神経みたいじゃないか。)

「違うだ?」

  (そうじゃないのか?)

|
|

« 娯楽惑星 コンケルド サンバーン | トップページ | 赤鼻のセンセイ その3 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45704388

この記事へのトラックバック一覧です: *ゆったらかあ:

« 娯楽惑星 コンケルド サンバーン | トップページ | 赤鼻のセンセイ その3 »