« 緊急SP救命病棟24時 その1 | トップページ | 赤鼻のセンセイ その2 »

*しょーもなっ

言い切るところが味噌。打ち止めというかそれくらいでこの話しはやめといったところであろうか。ほぼ関西系の言葉で別に方言でもないのだが。

個人差は勿論あるが、しぞーか県民は基本ツッコミのある笑わせ方を得意としない。ただしプロの芸人さんとかの話ではなく普段の会話とかでのお話しである。

あくまで勝手な想像だが、ひとつのボケに対してその都度ツッコミをいれて話しの流れを切るものよりもいくつボケを積み重ねることが出来るかということに快を感じることの方が受ける体質なのではないのかと。どちらかといえばつっこまなずに呆れる・呆れられるのを楽しむ傾向にあるといえようか。つまりボケたらボケたおせということであろうと考えている。

これが「しょんねえやっちゃなあ」だと後で言って聞かせるみたいな呆れた感じになるのだが「しょーもなっ」であれば一応は受けたと言うことになる。

近い用途の言葉では「馬鹿じゃん」・「はいはい」が使われるか。もちろん意味はそれぞれ異なる。

例文に関しては私は固いことしかいえずボケのアイデアがないので略します。

「笑かしてくれるじゃんかあ。いっつもくだらんことばっかゆっとってよをゆうわ。」

ふんだだことぬかすな。いっつも真面目じゃあ。

「余計悪いわ。しょーもなっ」

|
|

« 緊急SP救命病棟24時 その1 | トップページ | 赤鼻のセンセイ その2 »

1-2・遠州弁し行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45582783

この記事へのトラックバック一覧です: *しょーもなっ:

« 緊急SP救命病棟24時 その1 | トップページ | 赤鼻のセンセイ その2 »