« 順番が逆だろうに | トップページ | コールセンターの恋人 その3 »

生中継の遠州人

 静岡○ごとワイドでとあるお店のはま~つ志都呂店からの中継の模様が流れているのをテレビで見てました。ゆうときますがテレビ局サイドにはなんの落ち度もなく、問題にしたいのははま~つ人の馬鹿っつら共についてです。俗に言う恥さらしですな。自虐的な偏見でしょうしかつ私もはま~つ人でありますがあんなのがはま~つ人の特質かと思うと嫌になってきます。

お店の商品等の説明をしてる中、後ろでテレビに映らんと蠢く連中のアホさ加減に辟易しました。

ガキを見せびらかすように持ち上げたり突き出したりとぞんざいに扱う男親。

映ってると知るや携帯でどこぞに連絡しがつら周りをうろうろする学生野郎。

同じように纏わり付く様に寄ってたかってくるガキ。

ホントうっとおしい限りったらありゃしない。しぞーかとか他の地域での中継とかもよくやられるこの番組でありますがこんな卑下た連中湧いて出るとこなんか県内でははま~つくらいなもんでしょう。

 では、なんで見ていて苛立つかというとその根拠はふたつ。

ひとつめは、中継の趣旨(意図)を破壊する行為をしていること。相手(この場合テレビスタッフ)を思い遣らない自分さえ良ければという気遣いのなさにムッときます。

ふたつめは、いつも思ってる事なんですがテレビに出たけりゃ己の力で出ろと。たまたま通りかかったら遭遇した居合わせただけの偶然においてはしゃぐのはお門違いも甚だしい。中身もないのにそんなに自分を誇示したいのかと。

そりゃあ火事とかの災害現場で屯する野次馬の如く人の不幸があった場においての不謹慎な行動とかではありませんし、平凡な日常に刺激を与えてくれるチャンスなのかもしれませんが。

だからといって多くの人にとって公共の(商売繁盛祈願の映像ではありましたが)電波の中に放映側の意図しない邪まな邪念が映っている画面を見ることは不快に感じるもの。要は目立てばいいというのはただ単なる恥さらしなだけで、子供(ガキ)なら許さざるを得ないにしても分別のある大人のすることではないということでしょうに。

 では何故これをはま~つ人の悪しき気質といってるかというとそれははま~つ祭りを見れば分かること。全ての人がという訳ではないが、自分さえ楽しめればいいという感覚を悪いことだとは思っていないこと。しかも人に迷惑がかかっていなければいいんだと御託を並べていながら実は迷惑をかけてる事に気づかない無神経さを兼ね備えていること。それが祭りだと全部許されると思っていて、自分が凧場でなくともこれは「祭り」のシチュエーションだと勝手に判断した場合には傍若無人に走る拠り所となるのであろう。ほんの一時の自慢?の為に空気を読まない輩が多いのはそういう訓練を重ねていることに起因してる風にも思える。

浜松祭りの本来の目的はそんな自己陶酔を促すものではない。祭りに於いて組の役員の人達はそういことをする事はないのだが、祭りを運営する衆らの心祭り馬鹿知らずということなのであろう。

 そういう嫌な気質を垣間見たようなうんざりする光景がテレビに映し出されていました。浜松からの中継がそう多くない理由が分かる気がしますです。ホント自分もそういう気質を内面に抱えているのかもと思うとぞんぐりしてしまいますわ。

|
|

« 順番が逆だろうに | トップページ | コールセンターの恋人 その3 »

1-4・遠州地域ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45659021

この記事へのトラックバック一覧です: 生中継の遠州人:

« 順番が逆だろうに | トップページ | コールセンターの恋人 その3 »