« 遠州弁を説明するにおいて | トップページ | コールセンターの恋人 その1 »

2009・6月のコマーシャル

 ガツンとインパクトのあったのは、しぞ~か県人にしか分からない事でありま駿河、お弁当どんどんのあの不変のコマーシャルを今月よを見たなあということか。もういつから始まったのかすら大まかな記憶すらない程に昔っから寸分違わぬ内容で放映されている。まあ流石に白黒の時代ではやってなかっただろうけど。最初見た時ぶっ飛んだCmだと思ったけど今見てもぶっ飛んでるって感じるのは時代を映す鏡でもなく流行に流されるものでもない普遍性があるということか。いや多分刷り込みのせいだろう。だって今話題のハッピーグルメ弁当って何十年前の話題だよって話しですわ。

逆にコンケルドは姿を潜めて空気清浄強調の広告がその分多く流れているぞと。

「鶴弥」のエコ瓦とかいうCmで江口のりこさんが出とらしておお!と思った。これって地方Cmじゃないよね。

タワーヒルズハママツとかのバサラのCm。CGの女性が動いてるのかと思ったら実際の人間が舞っていたというある種の驚きがありました。人がCGに近づいてなんとしょうという意味で。

 とかで、今月は何故かしぞーか県限定のコマーシャルがえらく印象に多く残った月でありました。

そういえば、先月日産の「低燃費少女ハイジ」のCmががんこインパクトがでかかったと書いたけどそのショートムービーがブログに貼れるよう提供されてることを知りさっそく貼ってみました。本当はあのスピード感が魅力のCmそのものがいいんですけど、こういう企画は大歓迎でこういうのが増えて欲しいので応援する意味で貼りました。著作権とかを気にしないで提示できるのは気になったCmを記事にしてる私としてはホントありがたいです。でもできたらCmそのものを貼りたいんですけど。変ですかねえ。

|
|

« 遠州弁を説明するにおいて | トップページ | コールセンターの恋人 その1 »

2・コマーシャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45430120

この記事へのトラックバック一覧です: 2009・6月のコマーシャル:

« 遠州弁を説明するにおいて | トップページ | コールセンターの恋人 その1 »