« レジ袋 | トップページ | うっちゃらかいて »

ブザー・ビート その1

 初回30分も拡大しての始まり始まり。流石「月9」という看板復活に燃える意欲の凄まじさを感じさせるスタートでありました。もっとも私、時間的にリアルタイムでは観れませんので録画視聴ということで、帰ってきてまだやってても途中からは観たくないので早く終わんないかなと22時以降待ちの姿勢だったので、痛し痒しのゴージャスと思わないでもないところでした。

なんでこんな愚痴を書いたかというと、こういうのは地デジで大き目の画面で観た方が映えるよなと思ったもので。オープニングのバスケットの試合会場の熱気感やそれとは対照的なコンサートホールの冷め切り感とかはしっかりと作られているよなあと。日常の部分も丁寧に描かれていて。この丁寧さが30分拡大という恩恵のせいではなく毎回続くものであれば「月9」復活という感じがします。

始まりの出会いも王道ともいえる第一印象の模様を丁寧に描いていて、これは奇をてらわない王道を目指すのかなといった予感がしますです。それを裏付けるように、かするというか出会ってそうで奇遇にならない期待もたせのいけずなすれ違いシーンとかもあって。意外な展開に向くのかどうかは一話観ただけじゃ分かりませんが、真っ当な先が読める展開であったとしてもこのドラマには魅力を感じます。これは予想してた以上に面白いドラマなのかもしれません。が、最近流行の第2話以降突如地味になるとなるとこの評価は定かではありませんが。

 しっかし携帯忘れてバス追っかける一連のシーン。上手く編集されて繋いだのでなければ山下さん気合い入れて走ってられましたなあ。本気度を感じます。バスケのシーンもきちんとらしく映ってましたんで本物志向なんでしょうかねえ傾向としては。大歓迎ですわ。

 登場人物としては七海(相武さん)のキャラクターが面白いな。裏の顔を持ち決してそれを将来を約束する相手にすら見せない。ちょっと考えるとどんな打算が働いてるんだろうと勘繰りたくもなるけど、こういう女性が打算抜きで本気で恋をする様というのを観てみたい気がしてきますです。上手くいくかどうかは定かではありませんが紆余曲折(裏の顔が彼氏にばれるとか)があっても最後は上手く成就していくのを観てみたいなと。

もっとも今の流れから予想するに上矢(山下さん)と白河(北川さん)が最後繋がるんじゃないかという方向を向いていそうなので無駄な願望にはなりそうですが。ドラマでは同じ匂いを感じた代々木(金子さん)に喰われてましたけど。なんでしょう自分にだけは優しい人ってのに惹かれるじゃないですか一般論として。その逆で自分以外には本性を見せないってのにももしかしたら惹かれるやもと。その為の相棒に相応しいのには自分と同じ匂いの人間なのか違うタイプの人間なのか。興味が湧きます。

相武さんそのものもチアの格好でおへそ出したり煙草ふかされたりと今までにない面を提示されていて新鮮というか目新しいというか。もちろん煙草飲みの目からしたらくゆらせてるだけで吸ってはいない風に見えますけど。

それにしてもやり手の社員・華やかなチアリーダーというギャップは不思議です。

 個人的にはピンク(桃色)は好きな色じゃないのでどうも色味的には美味しくないんですけどこれを観ようと思った動機がしほりんが出るからということなのでまあいいかあという具合です。

 んで、しほりんの役割は女性陣の普段の素の日常の部分をさりげなく演出することと思われ、北川さんも胡坐座りなどなど元モデルさんらしからぬ体の表情を出されていて。この二人のコンビを観てるだけでも愉しいなと思えてきます。泣き濡れて化粧が崩れた。せっかくだから記念写真撮ろって流れは笑えました。ポーズまでするかっつうの。

 この物語、ちゃっちゃと直輝が菜月にこんにゃく指輪渡しときゃこんがらがずに済むんじゃないのかと思うのはご法度なんでしょうかねえ。

未だ他にも色々想った事があるんですが夜も更けて来過ぎたんでこれくらいで。

追記

そうそうそういえば、面白かったシーン。ロッカールームで肉体自慢こいてる連中を暫し眺めて放った川崎(伊藤さん)の「終わった?」というセリフの言い方が悦でした。モロ体育会系の或る種の儀式というかナルシスト性が現れててこいつらホント野郎だなと。だから野郎世界と女子世界の描き分けが丁寧だなあと。はたして二兎を追うものになるのか両面A面として華々しくなるか今後が愉しみです。

|
|

« レジ袋 | トップページ | うっちゃらかいて »

2・2009年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45627588

この記事へのトラックバック一覧です: ブザー・ビート その1:

« レジ袋 | トップページ | うっちゃらかいて »