« 白い春 その2 | トップページ | こんなブログパーツが欲しいぞな »

*しらんわ

あきれてる・もう勝手にしな・ついていけないとかいった呆れた意思を示す時によく出る言葉。

完全に関西系の表現。遠州でも使うということで。

近い言葉で「しらんにい・しらんでえ」というものがあるが、こちらは呆れたではなく見捨てるという意思を示す。

例文

B・「てんめえ。人のこんより金の方が大事なら金握って地獄に堕ちくされ。」

  (お前なあ。金の方が大事なら金握り締めて地獄に堕ちやがれ。)

A・「ふんだ。地獄にだっていい人いるだもんでとんじゃかないにい。」

  (へへんだ。地獄にだっていい人いるんだからね。)

B・「なにそれ?」

  (なんだよそれ。)

A・「地獄のサンタも金次第っつうじゃん。」

B・「そりゃおめえ間違ってるぞ。それを言うなら地獄のサタンも金次第だらあ。」

C・「おんめえらなあ。二人揃ってボケかましてんじゃねえよ。そりゃなあやあ地獄の沙汰も金次第っつうだあ。」

A・「なによをそれ。」

B・「そうそうそれ。わしのの方が近いらあ。」

C・「しらんわあ。」

|
|

« 白い春 その2 | トップページ | こんなブログパーツが欲しいぞな »

1-2・遠州弁し行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白い春 その2 | トップページ | こんなブログパーツが欲しいぞな »