« MR..BRAIN その6 | トップページ | ぼくの妹 その11 »

*はあ かまわすけえ とんじゃかねえわ

「はあ構わすけえ とんじゃかないわ」

直訳すれば「もう構わない頓着しない」。

基本野郎言葉で、女言葉だと多少使い処が異なるが

「もをどうなっても知らんでねえ」

で、あろうか。

ニュアンス的には聞く耳は持たないぞ自分の勝手でやるぞといった宣言のようなもの。ここまで言って翻ったり(撤回)すると言った手前や面目などが潰れる最終決意の表現。

「とんじゃかない」が「頓着しない」の訛ったものかどうかは定かではないが辞書で引く「頓着」の意味と非常に近いのでもしかしたらそうなのかもしれない。

例文

「遅いやあ。忘れかあってるだかいねえ。」

  (遅いなあ。忘れてるのかねえ。)

「間に合わんくなるだでおいてかまい。」

  (間に合わなくなるからもうおいて行こうよ。)

「それでもまあちっと待ってみるかあ。おいてくと後でひゃあひゃあゆわれかねんでえ。」

  (そうは言ってももう少し待とうよ。おいてったら後でぐちぐち言われかねないから。)

「こん方悪いだで行かざあやあ。はあかまわすけえぶーたれようがとんじゃかねえら。」

  (来ない方が悪いんだよ。後でなんか言われても構うことないから行こうよ。)

例文

「あれ?ここどっちだったっけ。砂糖?塩?」

「あれえ、わしも自信ないやあ。」

  (う~ん私も自信ないなあどっちなのか。)

「とりあえず砂糖入れてみすか。」

  (とりあえず砂糖入れてみようか。)

「大丈夫けえ?」

  (合ってるの?)

「わからん。」

「ひょんきんじゃん。」

  (そんないい加減なあ。)

「はあ煮立ってきただでちゃっとしんとかんで砂糖いれるでねえ。」

  (煮立ってきたから急がないと。もう砂糖入れちゃうよ。)

「ええだ?」

  (いいの?)

「知らんよを。はあもを知らんわぁどうなってもを。」

  (知らないよもうどうなってもいいやあ。)

「投げやりやしい。」

  (投げやりだなあ。)

「どうせ喰うなあ あんたあ だでいいらあ。」

  (どうせ食べるのはあなたなんだから構わないでしょ?)

「随分じゃん。」

  (勘弁してよ。)

|
|

« MR..BRAIN その6 | トップページ | ぼくの妹 その11 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45456648

この記事へのトラックバック一覧です: *はあ かまわすけえ とんじゃかねえわ:

« MR..BRAIN その6 | トップページ | ぼくの妹 その11 »