« 2009・5月のコマーシャル | トップページ | BOSS CASE8 »

遠州弁という言い方

遠州は国名又は地域の名称である。地名・都市名ではない。しかし川や湖を跨ぐと同じ遠州でも言葉が少しづつ異なる。だからといって浜松弁磐田弁とかいう人はいない。微妙な違いはあってもみんな遠州弁という。微妙な違いに関しては方言・訛りとは呼ばず「ことば」と呼ぶことが多い。掛川の言葉・湖西の言葉とか言う風に。

隣国はどうかというと静岡は駿河弁というより静岡弁と言う事が多い。他県の方から見たら静岡弁は静岡県全域での方言と思われるであろうがそうではない。

名古屋は愛知弁でも尾張弁でもなく名古屋弁と言うことが多い。

三河は遠州と同じ国名で三河弁といわれることが多い。三河も愛知県なのだが尾張ではないからだろうか。

尚、いつも書いてるが長野県とは隣接してるのだが交流がほとんどないので皆目分からない。

例文

「なんか聴きなれん言葉使うよをな気いいせるだけど。あんたどこの衆よを。」

  (なんか聞きなれない言葉使うような気がするんだけどどこの出身?)

「今浜北におるだけえが、在所は掛川。」

  (今は浜北に住んでるけれど実家は掛川。)

「ああほんとにい。掛川の言葉けえ。ぞんぐりしちゃうとかここらじゃあんまし使わんけど掛川けえ。あっそう。」

  (ああそうなんだ。掛川かあ。ぞんぐりとかここいらじゃあまり使わないからさあ。掛川なんだ。ふ~ん。)

|
|

« 2009・5月のコマーシャル | トップページ | BOSS CASE8 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/44870586

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州弁という言い方:

« 2009・5月のコマーシャル | トップページ | BOSS CASE8 »