« ぼくの妹 その7 | トップページ | 治さないと »

*どじらんかおしてねえってけつかる

「我関せずみたいな顔して寝ていやがる」と言っている。

味噌は「知らん顔」という言い方というかアクセントが独特だということ。

それに「ど」をつけてより遠州弁っぽくややこしくしている。尚、「どじらん顔して」と「しらん顔して」はイントネーションが異なる。

この「しらんかおして」のイントネーション「しらん」は国名の「イラン」、「顔」は「カオス」の「ス」抜きと同じと説明すればいいんだろうか。とにかく共通語と異なる。

「どじらんかおして」の場合だと「どじ」+「らん」+「花王」+「して」といった塩梅だと思っていただければ当たらずといえども遠からず。

使い方は大抵この言葉の後に「ホントおこれる」がつくのでふてぶてしい野郎だとか反省の色がないとかいう場合に使われることが多い。

例文

「なにちんぷりかあってるよを。」

  (なにふてくされてるのよ。)

「も~。ガキはどこ行ったでえ。」

  (う~。ガキはどこに行ったんだ。)

「そこんさあで寝えってる。」

  (そこで寝てるけど。)

「やあ。どじらん顔して寝えってけつかる。」

  (あ~そ知らぬ顔して寝ていやがんの。)

「なによを。なんかしたぁ。」

  (どうしたのなんかあったの?)

「なんかじゃねえよ。目覚まし時計バランバランにしてはあ直りゃせん。」

  (どうもこうもないよ。目覚まし時計ばらしちゃって使い物になりゃしない。)

「好奇心旺盛っつうこんだでええこんじゃん。」

  (好奇心が旺盛な証拠でいい事じゃないの。)

「馬鹿ゆっちゃかん。明日起きれもしんに。遅刻したらどうしてくれゆよを。」

  (なに悠長な事言ってるんだ。明日起きれないじゃないか。遅刻でもしたらどうしてくれるんだ。)

「いいじゃん寝にゃあ。どうせ会社で居眠りこいてるだら?」

  (いいじゃないの寝ずに起きてれば。どうせ会社行って居眠りするんでしょ。)

「随分なことゆってくれるじゃんか。なんか問題すり替わっちゃいんか?」

|
|

« ぼくの妹 その7 | トップページ | 治さないと »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45101457

この記事へのトラックバック一覧です: *どじらんかおしてねえってけつかる:

« ぼくの妹 その7 | トップページ | 治さないと »