« 終わろうよ | トップページ | みんなしていぢめるだにい ひどいらあ »

BOSS CASE11

 あ~面白かった。ということで。

前回の時点で野立(竹野内さん)は悪党ではない。そうでなければ、まんまで面白くない。という前提で観てたんですが。ちいとばかし苦しいとこが見え隠れしていましたがまあおおよそ期待通りの結末に至ってよかったよかったです。

途中悪党さん(反町さん)から貰った拳銃で警視総監撃ったんであれ?やっぱ野立は悪党か?と迷いもしましたが。野立の行動を整理してみると。

警視総監誘拐事件が起こる前に裏金事件を追っていたが確証が掴めず。

そこで警視総監と協議の上汚職撲滅の旗手を務める警視総監を餌にしておびき出す作戦をとるとこにした。

しかしおびき出されたのは一筋縄ではいかない高倉で肝心の狸までは姿を拝めなかった。

此処までで疑問が生じるのはおびき出す相手が違っていたのか。そして誘拐されたのは完全に誤算だったのか。

推察するに、警察内部の悪党と「黒い月」が癒着していると言う事実は前回提示されていて双方警視総監を抹殺したいということで意見が一致していたということなので実行犯は「黒い月」のメンバーであって警察内部の悪党は裏で口利きと誘導だけで表に出てくるとは考えにくいのに何故火中の栗を拾う行動に出たのか。とにかく「黒い月」のメンバーを捕まえて泥縄的に吐かせる算段だったんでしょうか。その割にはいいようにやられるばかりで誘拐されて逆転してなかったらやられ損にしかならなかったんじゃないのかなと思えまして、こりゃ結果オーライの綱渡りな無手勝流な成功だったんかなと。

どの時点で屋田参事官(相島さん)が悪党だと確信したのか。

相当早くに予想はしてたみたいでありましたが、先に尻尾を掴んだのは大澤(天海さん)の方で野立にしてみれば木元(戸田さん)から芝居をしてくれという時点で確信したんでしょうか。それにしても大澤が機転を利かせて野立悪党説で誘導していなければ野立は不要として廃棄処分されてた訳でありまして。災い転じて福と為すとはこの事なのでしょうか。綱渡りもいいとこにしか映りませんでしたが。

で、元に戻ってなんとか利用価値を見出されて警視総監を殺す代わりに命だけはと命乞いしてそれからなんちゃって凶事に及ぶ訳でありましたが危なねえなあおいと思いました。

その後は見ての通りで改めて書かずともという流れでありましたが、本来の野立と警視総監の筋書きはどのようなものだったんでしょうか。いまいちその絵に描いた餅が思い浮かびませんでした。とにかく野立を悪党に見せようとする結果こういう展開に及んだのでしょうけど若干無理があったようにも思えるのは私がアホだからでしょうか。最後の廃工場での種明かしがなければなにがなんだか上手く整理出来ない状況でありました。あのシーンはまるでサスペンス劇場での崖の上での名シーンみたいだなという勢いは感じましたがあれがなかったらちんぷんかんぷんでした。あの場をお白洲として一件落着としなくとも後日の野立会もしくは送別会で盛り上がりつつあの時はと経過を振り返るって説明の仕方の趣向でもよかったかもと思うのですけど。

 そうは悪態ついてもこのドラマは面白かったです。

この腐った国で何故革命が起きないのだと疑問を投げ掛けていましたけど、そりゃ金があって喰うになんら困らないからでしょう。欲望が満ち溢れ快楽に溺れ現実逃避できる場所もある訳ですし。他所の国からみたらこれでもかというくらい贅沢を享受している国で革命が起きるのは考えにくいよなとツッコミながら見てましたけど反町さんの冷静な狂気振りは画になってたなあ。

純粋に笑えたのは「間宮貴子」ネタ。ここで出すかぁと。悪乗りついでに弁護士事務所に実際相談に行って大澤と間宮の一人二役の天海さんを観たかったなあ。玉山さんも居ることだし。そういやあ津川さんも居られたじゃないですか。

それと岩井(ケンドーさん)が惚れた相手が最後大澤になったってのは。てっきり高倉(反町さん)への叶わぬ恋に走ったのかと思ってたんでそうきたかあと。

最後のキャストスタッフロールが流れてる時の彼氏と電話してる天海さんはほんにお綺麗どしたなあ。

続編あらば悦んで応援しますよ。映画だとよっぽど辻褄が合う展開にしてくれないと厳しいですけど。テレビであったならホント楽しく観れて好きですわ。

 15分拡大でした。ひょっとしたらこのクールでの唯一のご褒美つきの最終回?

見せ場としては非常に面白かった時限爆弾の解除でありましたが。幾つかの疑問。

時間がないのに武田さんが直ぐ取り調べ室にこれたという時間的な不思議。どこに居たんだ?

あんな簡単な画図面でスラスラと解除の工程が進むのはいくらなんでも。せめてパソコンとかでリアル映像を送ってそれ見て指示出すくらいでないとうそ臭い気もしないでもなし。それと爆弾処理班が手に負えないといって何故BOSSのチームが解除の指揮を取れたのか。他にも色んな部署もあるだろうし最悪自衛隊が出張るってことだってあるだろうし。あんな大事(おおごと)な展開ではなくBOSSチームに秘密裏にお前らだけでやれとか誘拐チームが何らかの理由で指示出すとかにすればよかったんじゃないのかなとも勘繰ってしまいました。

 野立が警視総監を撃ったのは屋田参事官をはめる為の大芝居ということでありましたが防弾チョッキ着てるならいざしらずロビンフッドが如き針の穴を通すような射撃術を野立が駆使するのは出来過ぎだろうと。

 山村(温水さん)は何時あのパトカーに忍び込めたのか。本物を強奪したようには映っていなかったのであれは予め用意しておいた偽パトカーと想像したんですがそれをどうやって山む~は発見できたんだろ。

|
|

« 終わろうよ | トップページ | みんなしていぢめるだにい ひどいらあ »

2・2009年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45453509

この記事へのトラックバック一覧です: BOSS CASE11:

« 終わろうよ | トップページ | みんなしていぢめるだにい ひどいらあ »