« 名探偵の掟 その5 | トップページ | *ゆうたった・ゆったった »

湯けむりスナイパー その9

 いつもちょこちょこ書いてますが静岡県では基本テレビ東京は観れません。それでも私が見れているのは愛知県から流れてくるかすかなおこぼれの電波を拾えているからです。天候や季節によってその弱い電波の入りには波があり今回は芳しからざる状況でありました。

したがって状況としましてはラジオに近いといった方が適切やもしれませぬ。しかも読み手の方にはなんの関係もないことですが、一度書いてた記事が自分の手違いでパソコンがフリーズしてしまって投稿出来ず保存も出来ずコピーも出来ずで藻屑と消えてしまい失意のうちに書き直しているという体たらくの踏んだり蹴ったり状態でありまして。

なのでこの感想はいつも以上に正確性に欠き勝手な思い込みの上で書いていますのでご了承下さいますよう。

大体二つのイベントが起きる展開が基本の流れでありますこのドラマ。

今回の前半部分は多分見たまんまなんだろうなということでしょうがきちんと見えていないのでスルーしますけど。芸者さん役の谷さん。芸者姿と普段の姿のギャップが凄いなあと。一見した感じ和風に印象を感じるお顔なんですがカツラをつけて芸者さんのお姿になると年齢不詳というか若さが吸い取られたように見受けられます。

もちろん場末(秘境の郷)という状況を醸し出す為にあえてそういった見た目をと意識されて装っておられているんでしょうけれども、けっこい画を観たいという欲望に従っていうのであれば出来合いのカツラではなくなんとか地毛等を使ってとか工夫されてお綺麗な姿の芸者さん姿で観たいなと。

で、後半部につきましては何の為にこういうことをするのか。倒錯したエクスタシーの快楽の追求の行為と勝手に判断したうえでいうと、短か過ぎる背景が描かれなさ過ぎだなと思いました。地位も名誉とかも十分に持っている二人(特にモデルの女性の方)が、こんなことが世間に知れたら身を滅ぼすやもしれぬというスリル感を求め快楽の為にここへやってきてというには明らかに源さんの勘だけでは説明不足だよなと。こういうのって失うものが大きいほどスリル感が増す訳ですからもっと二人を掘り下げて提示して欲しかったなあと。

なにもずっこんばっこんやるだけが性欲の捌け口とは限らないと源さんもおっしゃっておられましたが。こうした秘め事って性欲というよりもスリル感ドキドキ感を求めてるって方が近いんでしょうかねえ。双方の関係はパートナーというより同志というべき関係なのかしらむ。だとしたらエクスタシーを得られるのは性欲に限った話しではないというかたまたまこの二人の手法がヌードを写真に撮る撮られるということだったということなのでしょうか。源さんが言った「レスビアンなのか」・「エロティシズム」という単語から想像してくと倒錯した性欲の捌け口と思えてくるんですけど。いずれにしても何に快感(エクスタシー)を感じているのかラジオ状態の画像からでは計り知れませんでした。

どういう表情でシャッターを押しポーズを決めていたんでしょうかねえ。

まあ、此処で写された写真の使い道や行方までは明らかにされてませんでしたからこの解釈が合ってるかどうかは分かりませんがそう思えました。いづれにせよ年齢的にも老いらくのという言葉がつく二人でありましょうから二人だけの世界であろうことは確かなような気はします。

源さんは芸能人のお忍びの性の発散には厳しかったですけどこういうのには寛容なのでしょうか。

けっこく全うな画面で観る為にはDVD買うしかないのですが、テレビドラマのDVDってぼったくり価格じゃないのかと思っていて年に一作品買うか買わないかぐらいなんですけど。ボックスで2万円超えるようなら買わない(買えない)。1万5千円クラスなら迷う。1万円前後なら見境いなく買うんですがいくらなんでしょ。

予告編の前にDVD発売とか告知されてますけど価格述べられてないのでホームページに行って調べたら1万5千円台でありました。ん~悩むなあ。

|
|

« 名探偵の掟 その5 | トップページ | *ゆうたった・ゆったった »

2・2009年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45252586

この記事へのトラックバック一覧です: 湯けむりスナイパー その9:

« 名探偵の掟 その5 | トップページ | *ゆうたった・ゆったった »