« *つってんだらあ | トップページ | 遠州弁という言い方 »

2009・5月のコマーシャル

 5月はドラマ観る本数が少なかったので必然的に観れたCmの数も当然いつもより少なかったのでありますが、それでも四月の新年度大量新規投入攻勢と較べると一段落ついた感じがありますですな。その中で印象に残ったものを挙げると。

*インパクトということで言えばの日産ノート低燃費少女の「ハイジ」もどきは強烈でありました。素直に可愛くない。でも強烈。しかも厭味じゃない。山羊さんまであの四角口であらっしゃると最早完全に別世界でありまして見たこともない世界観を感じます。一同打ち揃って皆すげえ逞しそうというかふてぶてしそうというか。

そもそも低燃費少女って意味わかんない癖にそれでも説明無しでどんどん強引に話しを進めてく問答無用さが快感ですな。ここまで置き去りにされると逆に快感になるというか。そういうスピード感があるのは流石ビュンビュン系たる所以か。これはもうキティちゃんがぎょうさん出てくるようなマスコット的なものではなく、なんかしらんがそこにいるみたいな迫力すら感じる勢いで。あらカワイイじゃなくあらキショイってなもんですかねえ。

*相武紗希さんは今月もよくお見かけした次第で、その中ではミスタードーナッツの「迷う・選ぶ・食べる」は相武さんらしいというか言葉に表しにくい不思議な魅力がありますな。可愛いけど中性的というか。子供でもなければ大人でもない。それでいて横顔のアップでのまつげの長さが大人びていて。

キャラクター的にもこういったいそうでいない普段の生活の中で少し意外な行動をする人物が似合う感じがしてきます。褒めた表現ではないのかもしれませんが役者さんという何かを演じるというよりもマスコットとしてのキャラクター表現が長けていて追随する者なしといった感があります。

ナレーションのお声のほうは表現力をつけられて役者さんとしての経験値が増した勢いを感じます。

*オヤジギャグ的要素があって好きなのが「ぷっちょ」。船長や変身ヒーローもいいんですがなんかの集会風なところで「コーラ」の掛け声と共にアジってるところに「ソーダソーダ」と合いの手入れてるのがいいです。言葉遊びはホント好物なんで。

*中部電力のコマーシャルは今まで小雪さんが出演されておられたんですがどうも替わったみたいです。謳い文句がオール電化から変わった事に起因するのでしょうか。ちょっと残念です。オール電化がということではなくて小雪さんじゃないということがです。

|
|

« *つってんだらあ | トップページ | 遠州弁という言い方 »

2・コマーシャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45198135

この記事へのトラックバック一覧です: 2009・5月のコマーシャル:

« *つってんだらあ | トップページ | 遠州弁という言い方 »