« *あんなあ | トップページ | 剱岳 点の記 »

スマイル  その10

 前回の好転続きが一転して動顚模様になって今にも泣き出しそうな雲行きになって参りました。

とは申せ一馬(中井さん)の一席ぶつ姿にはしびれましたです。あれを聴いて心が揺さぶられなかったらネジが飛んでる頭してるとしか思えない迫力と説得力でありました。もちろんその迫力と理路整然としたものは現実を越えたものであり芝居の世界ならではのものでありますが、お芝居でなければ味わえない感動というものを感じました。いやあ堪能致しました。

ところで、判決を待つ間の皆の様子は病院の待合室と違って複雑な心境になりました。医者も含めて立ち会う全員が生を願って結果を待つのと違って、その生き死にが人間の意思に懸かっているというのはなんなんでしょうね。

で、長い時間を経ての結果は「死刑」。こういう弱い立場の人間の裁判ならあれでしょうけど、もしこれが善からぬ輩(一味の一部)の判決であったなら残った連中から逆恨みされそうな勢いになりゃしないかと思ったりなんかして。これは明日は我が身として考えると裁判員に当てられたら、余程強い確固たる確信をもって自分の結論を導き出さなければ夢にうなされそうだなと。たとえ煮え切らない奴だといわれようとも「疑わしきは罰せず」というのは正しく真だなと思いました。

例えで、もしそいつが自分の隣に越して来たら貴方はどう思うかという基準で物を見る事は正しくはないというメッセージは受け取りましたが我が身の事として隣人として付き合うとしたらと考えるというのは駄目なんでしょうかねえ。もちろん感情で判断するのは最低で見苦しいのは理解出来ましたけど自分上手く出来るかな。ちと悩むとこですな。

最後一輪の咲く花を見てビトはなにを花から貰ったんでしょうか。花(新垣さん)からは貰えなかったようでしたけど。生きる尊さ?可憐さ?儚さ?こういう曖昧さって最近あまり見ない象徴的シーンですけど視聴者の思うが儘にというのは色々妄想が働きますですな。手を伸ばして掴んだ時にはおいおい摘み取るつもりなんかよとドキっとしてしまいました。

死を受け入れるみたいな発言でこの回終わりましたけどどうなっちゃうんでしょうかねえ。死した後に事実が判明して嗚呼無情なのか、間一髪真実が届いて新たな形で罪を償うのか、事実が明白になったところで運命は変わらないのか。なんか悲惨な結末になりそうな要素の方が遥かに多いような気がしてきます。果たしてタイトル通りの「スマイル」で終われるんでしょうか。

お気楽を善しとする私にとりましては限りなく無罪放免に近づかない限りは観て損した気分になりますな。まあ中井さんが凄かったから一見の価値はありましたけど。ホントどうなるんでしょうね結末は。

 言うてはならぬことやもしれねど、日本を代表する天下の詐欺師。の娘と言うだけであそこまで場が白むというのは合点がいきかねますな。これが妻だとか当時既に成人していて自らも加担していたというならいざしらず事件当時は年端も行かぬ幼子ならばこれは言われ泣き中傷としか無い訳でありまして。分別を求められる大人衆が誰の子か告げられただけで心証が覆るというのはなんだかなあと。

もちろん要は謂われなき偏見から言葉を失くした程の幸福とは疎遠の人生を歩んできたようにするための設定ですので、そう思ってみればいいんだということなんですが。本人に罪がなくとも生きてる間中爪弾きにされるにはどういう設定だったら納得出来るんだろうか。

海外渡航して感染して持ち込んではならない病原菌で日本全国を震撼させたしまった。誰だ?ということでマスコミが本来非公表でなくてはならない氏名を報道してしまったとか?とにかく悪意がなくとも多くの人に多大な損害を与えてしまったということが必要なんでしょうが・・・やっぱ私の頭じゃ思い浮かびませんです。

|
|

« *あんなあ | トップページ | 剱岳 点の記 »

2・2009年のテレビドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45348492

この記事へのトラックバック一覧です: スマイル  その10:

« *あんなあ | トップページ | 剱岳 点の記 »