« *誰んの | トップページ | 「馬鹿」と「ど」の使い方 その1 »

なんだかなあ23

 少し古い物言いも使えるようになりたいなあと思って練習してみることにしました。練習(冒険)なので使い方がおかしいとこもありますが私の力量はこんなものなので勘弁しておくんなさい。内容に関してはスルーしていただけるよう意味が無く詰まらないものにしております。まあ気合い入れたところでいつも私の文章は意味無い内容ですけどね。

藩閥で軍閥派閥と散る度連

&、昔老害 今世襲 金権かかさず恒に在り

御注進御注進とかしこみて そこらかしこと巡らし探したる 

粗なる物がよくぞ尽きせず出でしもの

勿論粗か垢かは露程知らねども 絶える事なく繰り返さるる綱引きは

さすが天下のまつり場と賑やかし具合が華なれど

勝った負けたの綱引きは綱を引くものにして足を引くものに非ずや 

ましてや境内に入る前にての鳥居もくぐらずとどのまつりの引き合いで

禊を行う暇もなく中に入れじの有様じゃ

入れたところで不浄にて社を汚すのみならば 

まつり行う本懐にあらずして後のまつりと相成りや

場外で騒がず境内で燃えてこそがまつりの真義

名にし負うまことまつりの大望いずこにおわすや

白い猫だろうが黒い猫だろうが粗相をせぬのがいい猫だじゃないですけどね

富を均等に馴らしてくれなぞという負け犬の遠吠えなんぞはしないけど

せめて働いた分だけは身に入る社会にしておくれでないかいおまいさん

晴耕雨読が理想じゃないけれど骨身を惜しむを通り越し

体と心を壊すまで馬車馬じゃないと

ちっとやそっとじゃ食べていけないような

余裕のない人生しか選択肢がないのはなんとかしておくんない

言わなきゃ損を通り越しクレーマーがはびこり殖えるこの渡世

あまつさえ騙して掠める上等と言ったもん勝ちのこの循環

老後の不安が拭いきれないから皆騙される程に幾つになっても金を乞う

老後は金なんぞに頼らぬ生活が出来るようにしてくんない

さういふ社で手を合わせたや

とぞおもひけり

|
|

« *誰んの | トップページ | 「馬鹿」と「ど」の使い方 その1 »

4・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/44907483

この記事へのトラックバック一覧です: なんだかなあ23:

« *誰んの | トップページ | 「馬鹿」と「ど」の使い方 その1 »