« レイアウトを変更 | トップページ | MR.BRAIN その2 »

*たのむにい

「頼んだよ」・「頼むよお願いだから」とかいう意味使い。

命令口調ではなく懇願口調になることが多い。ただし下手に出ているとはいえ全幅の信頼を抱いてる訳ではない場合もある。

「ちゃんとやってよ。ほんとたのむにい」だと「ほんとに大丈夫かよちゃんとやれるのか?」という訳になる。

「あたぁまかいたでたのむにい」だと「後は任せるからお願いね」という訳になる。

強気で物を頼むような場合は「たのむわあ」・「たのむでねえ」・「たのんでるだで」とかになることが多い。

「おーいたのむにい」となると「おーい勘弁してくれよちゃんとやって」・「頼むから真面目にやって」とかいう意味になる。

「ね~えたのむう」だと「お願いだから」という訳が分かりがいいか。

このように遠州では「お願い」=「頼む」であり、「お願い」という言い回しよりも「頼む」という言い方を多く使う種族ともいえる。

例文

「はあ忘れた。」

  (もう忘れたよ。)

「ええ~でけんだ?」

  (ええ~?出来ないの?)

「がんこ昔にやったっきりだもんででけるか自信ないやあ。まあやってみすけど。」

  (大分昔にやっただけだからうまく出来るか自信ないなあ。ま、やってみるけど。)

「たのむにい。」

  (ほんとに頼むよ。)

「で。このぼっちどっちおすだ?」

  (それでこのボタンどっち押せばいいんだ?)

「お~い大丈夫けえ。」

  (お~い大丈夫なのかい。)

「まかしょたあ言えんの。」

  (安心しろとは言えないな。)

|
|

« レイアウトを変更 | トップページ | MR.BRAIN その2 »

1-2・遠州弁た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/45136065

この記事へのトラックバック一覧です: *たのむにい:

« レイアウトを変更 | トップページ | MR.BRAIN その2 »