« カワイイ | トップページ | 侵食されてる言葉 その1 »

*うどん屋かそば屋か

関東はそば屋関西はうどん屋。

それぞれの専門店は別としてラーメン含めて諸々な麺類を注文出来るお店をどう呼ぶかというお話し。つまりお店の看板はどっちが多いかということより普通の人間(地元民)が道を教える時に「角のそば屋を右に曲がって」というか「角のうどん屋を右に曲がって」なのかどっちを言うかということ。

随分前にその境界線はどこかということを調査すると言う企画のテレビ番組を見た。

それによると太平洋側の境界線は浜名湖だという結論に達していた。つまり浜松では普通「そば屋さん」であり湖西になると「うどん屋さん」と呼ぶのだということ。いわゆる情報バラエティ番組での結論なので間違いないと決めつけるだけの確たる根拠がある訳ではないが。

自身も経験と照らし合わせても「そば屋さん」と呼ぶのであって「うどん屋さん」にはいまいちぴんとこないのでそうなのであろうなと納得した記憶がある。

仕事先での昼食は大抵そば屋さんでそばとかラーメンとかカツ丼とか品を換えてほとんど毎日通っていた頃もあった。そのお店で出される蕎麦は茶蕎麦であった。田舎蕎麦より更科系を好む私としてはこの茶蕎麦は色の割にはあっさりなので食べ飽きるということはなかった。

蕎麦は「ざる」でこそあってつゆの中で温まってるそばは好みではないが、唯一あっためたものではにしん蕎麦は好きだった。しかしながら浜松で此処は旨いとか思わずお店を紹介したくなるような美味たるお店を私は知らない。

泊り込みで信州に研修で行った際地元の人に案内されて人里離れたようなこじんまりとしたお店に連れて行って貰ったことがある。そこは浜松のうなぎ屋のように注文を受けてからうなぎを捌く(蕎麦を打つ)みたいなとこで凄く待たされた記憶がある。夏だと言うのに信州の宵の口の冷え込みは浜松人には堪えていたところにざる蕎麦が出てきて内心勘弁してよという想いであったが、いざ食べてみたらこれがまたがんこ旨かった。食べてる間は寒さを忘れるくらいであった。今でも自分が食べた中で一番旨いと感じた蕎麦である。

一期一会の蕎麦と毎日食べても飽きない蕎麦は似てあらざるような気がする。

浜松では好きものが高じて修行を経た後店屋を構えた風の店舗を見かけると、大抵は蕎麦屋であってうどん屋を開業するという比率は非常に低いという印象がある。浜松人は蕎麦喰いの種族なのかもしれない。でも長続きせず店をたたむ光景をよく見かけたりして蕎麦だけでは客が入らないというなんちゃって蕎麦食い人種なのかもしれない。大抵はオールラウンドに丼物もうどんも出す店でないと長続きしないみたいである。

ちなみにラーメンは餃子とセットというのがごくごく普通の関係なのでラーメン店とそば屋さんとは競合しない領域ではある。そば屋で出されるものは中華そばという方がなんかすっきりする勢いはある。もちろんそんな取り決めはないのだから千差万別な呼び方ではあろうが流石に支那そばシナチクとかいう呼び名を使うところはもうないであろう。

|
|

« カワイイ | トップページ | 侵食されてる言葉 その1 »

1-4・遠州地域ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/44906792

この記事へのトラックバック一覧です: *うどん屋かそば屋か:

« カワイイ | トップページ | 侵食されてる言葉 その1 »